スピーカー
【緑茶の淹れ方】おいしい緑茶は湯温と待ち時間が決め手!

【緑茶の淹れ方】おいしい緑茶は湯温と待ち時間が決め手!

緑茶は淹れ方で味わいが変わります。その秘密はお湯に溶け出す成分にあるといいます。そんな緑茶のおいしい淹れ方を、日本茶インストラクター協会 静岡県立大学お茶カフェの皆さんに教えていただきました。

この記事のスピーカー

日本茶インストラクター (静岡)県大お茶カフェの皆さま

NPO法人日本茶インストラクター協会が認定する日本茶インストラクターの資格を保持し、日本茶の普及に従事する。お茶カフェを主催したり、小学校で「お茶のいれ方教室」を開催したりと幅広く活動。



煎茶にも種類があるのを知っている?

煎茶にも種類があるのを知っている?

煎茶にも種類があるのを知っている?

緑茶と言えば煎茶をイメージする方は多いと思いますが、製法工程における蒸し時間の長さによって「浅蒸し茶(普通煎茶)」と「深蒸し茶」に分かれることをご存知でしょうか。

蒸し時間が短い浅蒸し茶は、茶葉が針のようにツンツンとしていて、お茶を注いだときの色「水色(すいしょく)」が澄んだ山吹色をしているのが特徴です。そして、豊かな香りと上品な旨味を存分にたのしむことができます。

一方の深蒸し茶は茶葉が細かく、水色が綺麗な緑色をしているのが特徴。飲みごたえがあり、お茶の葉の成分をたくさん摂れるとあって、人気の高い緑茶です。

緑茶を淹れるときに用意するもの

緑茶を淹れるときに用意するもの

緑茶を淹れるときに用意するもの

<3人前>
・茶葉…6g(一人前2g)
・お湯…浅蒸し茶は170ml、深蒸し茶は260ml
・急須
・茶碗
・湯冷まし…浅蒸し茶で使用

2gはティースプーンにふんわり1杯程度となるため、3人前の場合は3杯が目安です。

急須を持っていない方も多いかもしれませんが、おいしい緑茶を淹れるためには、やはり急須は必需品。急須の中で茶葉がゆったりと広がることで、お湯に葉の成分を十分に浸出させることができます。

湯冷ましとは、文字通り湯を冷ます道具のこと。こちらは片口の器やマグカップなどで代用可能です。

おいしい緑茶の淹れ方

おいしい緑茶の淹れ方

おいしい緑茶の淹れ方

それでは、緑茶のおいしい淹れ方を日本茶インストラクター 静岡県立大学お茶カフェの皆さんにご紹介いただきます。

【1】沸騰したお湯を、湯冷ましや茶碗などに入れて冷ます
*浅蒸し茶は70℃、深蒸し茶は80℃
【2】急須に茶葉を入れる
【3】急須に冷ましたお湯を入れ、フタをして待つ
*浅蒸し茶は1分、深蒸し茶は30秒
【4】濃さが均一になるよう、茶碗にまわし注ぎをする
【5】最後の一滴まで注ぎきる

※お湯は必ず一度沸騰させたものを使います。適温が70℃だからと70℃で火を止めたものではお茶の味の出方が異なり、物足りない味になってしまいます。

「おいしい緑茶を淹れるためには、冷ます・待つ・まわし注ぎをする・最後の一滴まで注ぐという点がポイントです。そして、浅蒸し茶と深蒸し茶とでは、お湯の温度と待ち時間が異なります」

以下でくわしく見ていきましょう。

緑茶をおいしく淹れるポイント1. 「お湯の温度」

緑茶をおいしく淹れるポイント1. 「お湯の温度」

緑茶をおいしく淹れるポイント1. 「お湯の温度」

緑茶の味わいを決める主な成分は、旨味を感じるアミノ酸類、渋味を感じるカテキン類、苦味を感じるカフェインです。アミノ酸類がお湯の温度の高低差にあまり関係なく溶け出すのに対し、カテキン類やカフェインは高温で溶け出す性質があります。つまり、緑茶を熱湯で淹れると、渋味・苦味ばかりが際立ってしまうということですね。

「旨味成分が豊富な浅蒸し茶の場合、旨味・渋味・苦味成分がバランスよく溶け出す温度が70℃になります。一方、まろやかな渋味・苦味を味わえる深蒸し茶は、浅蒸し茶よりもやや高めの80℃がおすすめです」

簡単なお湯の冷まし方

簡単なお湯の冷まし方

簡単なお湯の冷まし方

「お湯を冷ますときは、湯冷ましと茶碗を使います。お湯の温度は器に移すごとに約10℃下がるため、沸騰したお湯を湯冷ましに入れれば90℃に、湯冷ましから茶碗に入れれば80℃に、茶碗から急須に入れれば70℃になります」

ちなみに湯冷ましに茶碗を使うのは、湯を冷ますだけでなく、茶碗を温めたり湯量をはかったりする目的もあるとのこと。茶碗を使って湯冷ましをするのは、一石二鳥ならず一石三鳥と言えますね。

緑茶をおいしく淹れるポイント2.「待ち時間」

緑茶をおいしく淹れるポイント2.「待ち時間」

緑茶をおいしく淹れるポイント2.「待ち時間」

「おいしくお茶を淹れられないという方は、お湯に浸す時間が足りないことが多いです。茶葉がお湯の中で開いて、おいしい成分を出す時間を静かに見守っていきましょう。待ち時間は浅蒸し茶で1分、深蒸し茶で30秒が目安です」

このとき気をつけたいのが、急須を動かさないこと。「急須を回したり振ったりすると茶葉から雑味が出てきます。あせらず静かに待ちましょう。この“間” もお茶のたのしみのひとつです」

緑茶をおいしく淹れるポイント3:「注ぎ方」

緑茶をおいしく淹れるポイント3:「注ぎ方」

緑茶をおいしく淹れるポイント3:「注ぎ方」

「茶碗にまわし注ぎをすることで、味の濃度と水色を均一にすることができます。また、最後の一滴はゴールデンドロップと言って旨味が凝縮しているため、雫も余すことなく注ぎきりましょう。そして、相手のことを思って心を込めて淹れること。もしかしたら、これが一番大切なことかもしれませんね」

一椀のお茶に心を込めて。あなたも大切な人に、お茶を淹れてみませんか。


取材

デザインミーライター

原田直子

同じキーワードを持つ記事



試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

サーブは試合をする上で一番最初に打つショットとなります。そのため、これが入らないと試合を開始することができませんので高確率であることが求められます。


利き手側じゃない方・バックハンド【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

バックハンドは利き手の反対側にきたボールを打つ際に使います。持ち方は利き手の反対でラケットを拾い、その持ち方のまま利き手も握ります。 あとはフォアハンドと同じように後ろに引き、前に出す、という動作をしてあげれば簡単に打つことが可能です。 フォアハンドとの大きな違いは両手で持つことで、自由度が奪われる反面安定感がある点です。 そのためフォアハンドで攻撃、バックハンドで安定したショットを目指すといいかもしれませんね。 ぜひ両方の利点を生かしてテニスを楽しんでみてください。


最初に覚える打ち方・利き手側で打つフォアハンド【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスをやり始めて最初に覚えると言っても過言ではないのが利き手側で打つフォアハンドというもの。フォアハンドは利き手でラケットを拾うようにして持ち、そのグリップの持ち方でボールを打つと非常に楽だと思います。 あとは打つ際にはラケットを後ろに引き、前に出す、打ち終わりには肩まで持ってくるという動作。 これをやれば簡単に打つことができます。


テニスをやるために揃えておくといい道具【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスを始めるにあたって必要な道具はいくつかあります。皆さんが気になるのはその恰好だと思いますのでその説明をさせていただきます。


おすすめの動画&記事


緑茶はどうやって作られる?おとなの工場見学

2020年02月04日 公開
加藤 貴彦さん



試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

2020年08月08日 公開
静岡県静岡市駿河区
柴山 哲也









アクセスランキング


>>総合人気ランキング