スピーカー
オリンピック種目にボルダリング! 女性におすすめできる魅力とは?

オリンピック種目にボルダリング! 女性におすすめできる魅力とは?

2020年の東京オリンピックでも正式種目として取り上げられ、手軽にできるスポーツとして老若男女に話題の「ボルダリング」。専門ジムも増えており、男性だけでなく女性からもジワジワと人気を集めています。

一方で、取り組んだことのない人からすると、石を埋め込んだ壁を前にその面白さがいまいちつかめないという方もいるかもしれません。そこで、「クライミングジムPLANET静岡店」のスタッフ川口央子さんに、はじめての方でもわかるように魅力を教えてもらいました。じつは、女性にこそおすすめなんだそうですよ。

この記事のスピーカー

クライミングジムPLANET静岡店

スタッフ 川口 央子さん

クライミングジム「PLANET」静岡店のスタッフ。ボルダリング歴は1年半で、お客様と一緒にグレードの難易度を上げる事を日々の目標として努力中。休日もボルダリングジムに通うほどボルダリングが大好き。



ボルダリングとは?

ボルダリングとは?

ボルダリングとは?

ボルダリングは4mほどの高さの壁に配置された「ホールド」と呼ばれるカラフルなブロックを掴み、横、もしくは上に登っていくスポーツです。もともと海外を中心に人気のあるスポーツでしたが、日本でも東京オリンピックで「スポーツクライミング」が正式種目になったことが話題になり、人気も高まっています。

ホールドは色分けされており、色や数字など決められたホールドのみを使って進んでいき、ゴールとなる最後のホールドを目指します。どのルートで登るかによってレベルも異なるので、自分のレベルに合わせてコースを選べます。専用シューズさえあれば誰でもすぐに始めることができ、身一つで登っていく手軽さなども人気を集めている理由です。

女性に人気の秘密

女性に人気の秘密

女性に人気の秘密

力が全てではない

力が全てではない

力が全てではない

「力があったほうが有利なのでは?」と男性が行う印象が強いボルダリングですが、力があることが有利とは限りません。ボルダリングは体だけではなく、頭を使うスポーツでもあります。身体の重心をキープするバランス感覚、空間認識能力、パズルを解くような読解力、瞬時の判断力など、さまざまな要素が求められます。それが、性別や年齢を問うことなく、幅広い年齢層の方が楽しめる理由です。

ダイエット効果が期待できる

ダイエット効果が期待できる

ダイエット効果が期待できる

ボルダリングはトレーニングジムのように、自分を追い込む過酷なものではありませんが、筋肉・体幹トレーニングになるので、自然と身体が引き締まっていく方も珍しくありません。ゲーム感覚で達成感もあるため、継続できる方も多いです。なかには、ボルダリングを始めて健康と美容に良い変化が見られ、日々の生活にハリがでるようになったという方もいます。

趣味を通じて友達がつくれる

趣味を通じて友達がつくれる

趣味を通じて友達がつくれる

ボルダリングはお客さん同士の距離感が近いのも特徴的。経験のある方がアドバイスをくれたり、お手本を見せてくれたりと、コミュニケーションが生まれる機会が多いです。ボルダリングを通して、今まで出会うことのなかった方々とコミュニケーションがとれるので、新しい友人ができるコミュニティの場としても人気があります。また、店舗によってはコンペなどのイベントも開催されるので、より一層関係性も深まっていきます。

インスタ映え必至

インスタ映え必至

インスタ映え必至

ボルダリングの象徴でもあるホールドは、その見た目も鮮やか。形やデザインも動物モチーフなどのユニークなものばかりなので、思わず写真を撮ってしまう方も少なくありません。現代アートのようなホールドと一緒に、日々のボルダリングの記録を発信するのも楽しみ方の一つです。SNSを通して、さらにボルダリング仲間の繋がりが広がるかもしれません。

手軽に始められるボルダリング

手軽に始められるボルダリング

手軽に始められるボルダリング

動きやすい服装と専用シューズさえあれば誰でもすぐに始められるボルダリング。ボルダリングジムにはレンタルシューズが用意されていますので、手ぶらで行くことができます。最近少し運動不足と感じたり、趣味を通じてコミュニケーションをとりたいと思っていたりする方は、新しいチャレンジとしてボルダリングを始めてみてはいかがでしょうか。


取材

デザインミーライター

株式会社エストリンクス

同じキーワードを持つ記事


〈これができないのに復帰するのは危険〉捻挫後に復帰する前のチェック項目【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に、痛みが消えてある程度動けるようになってきたらすぐに練習に戻りたくなりますが、実際に練習に復帰すると チームメートに「なんか走り方がおかしいよ」と言われたり 動いていても自分で違和感を感じたり、 踏ん張りきれないなど、100%の状態に戻りきていないことがほとんどです。 復帰する前には今回動画で紹介するような動作を確認してみましょう。 これができていなければ実際のスポーツ動作でのパフォーマンスも上がらないですし、捻挫を繰り返したり、ひどい場合には膝の靭帯を切ってしまうなんてことも・・・ 必ず復帰前に動作を確認してできていなければ、以前紹介したような股関節のトレーニングやスクワットなどのトレーニングをしっかり行いましょう。


筋トレで免疫力向上!自宅でできるトレーニング〈腕立て伏せ〉【ゆーじの健康TV】

#腕立て伏せ#ダイエット#健康自宅でできる簡単な腕立て伏せから、ダイナミックな腕立て伏せをご覧ください。


〈捻挫後リハビリ〉捻挫後に使えなくなる筋肉とは?【ACTIVATE GYM】

捻挫後に「痛みはよくなったけれどいまいち動きづらい」 ということはよくあると思います。 足首をかばうことで、ある重要な部分の機能が落ちてしまいます。 この動画では捻挫後によくあるこの後遺症について対策を解説しています。


〈お尻に悩む女性向け〉ヒップアップトレーニング「ヒップリフト」【ゆーじの健康TV】

#ヒップアップ#美尻#女性向け女性の方必見ヒップアップトレーニング(初心者向け)です。 自宅で簡単にできるトレーニングですので、継続して行ってみてください!


〈お尻に悩む女性向け〉ヒップアップトレーニング「ヒップエクステンション」【ゆーじの健康TV】

#ヒップアップ#美尻#女性向け女性の方必見ヒップアップトレーニング(初心者向け)です。 自宅で簡単にできるトレーニングですので、継続して行ってみてください!


おすすめの動画&記事




「嗅覚」の活用で、心を癒すストレスケア

2020年02月05日 公開
仲間カナさん









アクセスランキング


>>総合人気ランキング