ママたち、パパたちに伝えたい、子どもの靴えらびが大切なこと

ママたち、パパたちに伝えたい、子どもの靴えらびが大切なこと



専門資格をもつ「くつえらびマイスター」に聞きました

専門資格をもつ「くつえらびマイスター」に聞きました

専門資格をもつ「くつえらびマイスター」に聞きました

今回お話をうかがったのは、名古屋市をはじめ愛知県全域で活動する笠井舞さん。一般社団法人体力メンテナンス協会認定バランスボールインストラクター、指導士養成講師、産後指導士など、ウェルネスに関する幅広い取り組みを続けているなかで、「くつえらびマイスター」もまた大切な活動とのこと。
この専門資格は「くつえらびアンバサダープロジェクトby IFME」が認定するもので、同プロジェクトは子どもの靴の正しい選び方を伝える啓発活動を行っており、親子の笑顔をつくる仕事をする人たちのコミュニティPowerWomenプロジェクトと子ども靴ブランドIFME(イフミー)との協同事業となっています。

各地でくつえらび勉強会を開催する「くつえらびマイスター」の笠井舞さん

子どもの足の発達に大きな影響をもたらす靴えらび

子どもの足の発達に大きな影響をもたらす靴えらび

子どもの足の発達に大きな影響をもたらす靴えらび

「近年、中学生の(男子・女子ともに)外反母趾とその予備軍の割合がかなり多くなってきています。それからお子さんの運動競技のタイムが伸びない時、足裏のアーチが崩れていたり、蹴り出しがうまくできないことに初めて気づくこともよくあります。これらの大きな原因の一つが幼少期に足に合わない靴を履き続けたことなんですね。靴は歩行や運動に大きな影響をおよぼしますから、足の骨が柔らかい幼少期に足に合わない靴を履くことが足本来の動きを妨げたり、さらに足や指の形が変形してしまう事態も起こっています」

ママ、パパが子どもの足をいつでも正しく測れるように

ママ、パパが子どもの足をいつでも正しく測れるように

ママ、パパが子どもの足をいつでも正しく測れるように

では子どもの足に合う靴はどうやって選んだらいいでしょうか。

「はい、その第一歩がお子さんの足のサイズを正確に把握することなんです。そのため『くつえらび勉強会』では、実際にお子さんの足のサイズの測り方をお伝えしています。私も8歳になる娘がいるのでよくわかりますが、子どもはびっくりするくらい短い期間で足が大きくなります。また左右差もあります。足長(足の長さ)だけでなく、足幅、足囲を測ることで、現在のお子さんの足のサイズと特徴がわかります。パパ、ママがいつでもご自宅でお子さんの足のサイズを計測できるととても便利ですよ!」

「くつえらび勉強会」で参加者にプレゼントされるメジャーとスケールの計測セット

「くつえらび勉強会」での計測の様子

靴店に正しく測った足のサイズを持参&試し履きは必須

靴店に正しく測った足のサイズを持参&試し履きは必須

靴店に正しく測った足のサイズを持参&試し履きは必須

「現在のお子さんの正しい足のサイズがわかれば、靴店のシューフィッターさんからメーカーごとの特徴に応じたアドバイスが得やすくなります。もちろん試し履きは必ずしてくださいね。値段が高くて上質でも、日常生活でお子さんの足に合うかどうかが大事なポイントです。おしゃれな靴を楽しむ時と、思いきり体を動かしたり通学したりする時の靴を使い分けていただくのがいいですよね」

「くつえらび勉強会」では子ども靴メーカーIFME(イフミー)の協力のもと、サンプルの靴を手にとりながら感触やポイントを確かめられる(販売は行っていません)

「あなたのために」と親から言葉で伝える気持ちを子どもも感じ取って

「あなたのために」と親から言葉で伝える気持ちを子どもも感じ取って

「あなたのために」と親から言葉で伝える気持ちを子どもも感じ取って

「足は全身を支えているものです。正しい靴えらびはお子さんの健全な発育、体力に直結しています。娘が幼稚園の頃、『あなたのためにこの靴を選んだんだよ』と伝えると、親の気持ちを娘は受けとめてくれた様子で、幼稚園の友達や先生にもなにやら靴のことを語っていたようです。伝わっているんだなとうれしく思ったのをよく覚えています。『くつえらび勉強会』ではいろんな質問をいただきます。『ファーストシューズはいつ買ったらいいの?』『お下がりの靴ってどうなの?』『お手入れ方法は?』などなど。その一つひとつにお答えしながら、靴えらびの大切さを知っていただきたいと思っています」

「くつえらび勉強会」の様子。「こうやって測るんだ!」「知って良かった」という参加者の声がいつも聞こえてくるそう


◇Design me編集メンバーの声
なかなか身近に、子どものくつえらびのことを教えてくれる存在や機会はないかもしれませんね。同じ親の立場で、しかも輝くような笑顔で教えてくれる「くつえらびマイスター」笠井舞さんの存在はとても頼もしいものです。足育体操や産後ケアなども指導しているので、気になる方は以下からアクセスしてみてください。


◆笠井舞

名古屋市をはじめ愛知県全域で、バランスボールインストラクター、指導士養成講師、産後指導士など、幅広く活躍。「くつえらび勉強会」は対面・オンライン、どちらにも対応。出張講座や子育て支援団体からの様々なリクエストにも応じている。

リンクツリーはこちら

◆くつえらびアンバサダープロジェクトby IFME
公式サイトはこちら



デザインミーでは会員登録した方だけが閲覧できる限定コンテンツを多数ご用意しています。限定コンテンツは一度会員登録すれば見放題です!会員登録がまだな方はぜひご登録ください。
新規登録

株式会社アルバイトタイムス

同じキーワードを持つ記事


バランスボールで弾もう!③手を動かして弾もう【舞PARK】

バランスボールで弾む有酸素運動(バウンス運動)をご紹介しています。関節に負担をかけず程よく運動することができるので、老若男女どなたにもオススメです! 身体に合った大きさのボールがあれば、お子さんにも弾んで頂けます。 ダイエット、姿勢改善、免疫力アップ、むくみ解消などにも効果的です。


バランスボールで弾もう!②基本のバウンス【舞PARK】

バランスボールで弾む有酸素運動(バウンス運動)をご紹介しています。関節に負担をかけず程よく運動することができるので、老若男女どなたにもオススメです! 身体に合った大きさのボールがあれば、お子さんにも弾んで頂けます。 ダイエット、姿勢改善、免疫力アップ、むくみ解消などにも効果的です。


バランスボールで弾もう!① 弾む前の準備と基本姿勢【舞PARK】

バランスボールで弾む有酸素運動(バウンス運動)をご紹介しています。関節に負担をかけず程よく運動することができるので、老若男女どなたにもオススメです! 身体に合った大きさのボールがあれば、お子さんにも弾んで頂けます。 ダイエット、姿勢改善、免疫力アップ、むくみ解消などにも効果的です。


〈エクササイズ〉バランスボールを活用しよう!①おススメ使用法【舞PARK】

健康に良さそうだから買ったものの、どう使っていいかわからず結局押入れの肥やしになってしまっているあのバランスボール…せっかくだから、活用してみませんか?わかりやすく使い方をお話しします。


赤ちゃんを抱っこしながらバランスボールで弾むには?ポイント4つを紹介

赤ちゃんを立ったまま寝かしつけるのが大変というお母さんたちに、自分のエクササイズをしながら赤ちゃんを寝かしつけることができる、バランスボールを使った赤ちゃんの寝かしつけのポイント、注意点そして、バランスボールを選ぶときのポイントを詳しく解説しています。



アクセスランキング


>>総合人気ランキング