非加熱の天日熟成塩でおいしい塩分生活を始めてみる

非加熱の天日熟成塩でおいしい塩分生活を始めてみる



「塩を選べる自由な時代」を味方につけよう

「塩を選べる自由な時代」を味方につけよう

「塩を選べる自由な時代」を味方につけよう

毎日摂っている塩のことって、案外知らないと思うんです。実はそれには理由があって、日本では戦後、専売公社が販売する「精製塩」を使っていましたし、1971年には塩田での伝統的な自然塩の製法が廃止されて、長年「塩を選ぶ」ことがなかったから。
でも1905年から続いた塩専売制度は1997年に廃止され、自由に「塩を選ぶ」時代になって20年以上がたちました。せっかくこの自由な時代に生きるなら、時代を味方につけて選んでみませんか、塩。 今回ご紹介するのは、「薬に頼らず体質改善」をコンセプトに取り組む「ホッティー薬店(愛知県名古屋市)」で販売されている「ホッティーの塩」です。

「ホッティーの塩」

ホッティー薬店のオーナーである堀田泰宏さんは「塩は賞味期限などがありません。だからこそ、どこで作られて、どこで管理され、どの業者で、どこの港に入り、どこで検査され、パックされるか?全てを把握する事がものすごく大切になります」と、おっしゃいます。

塩の原料は地球の深部から湧昇する地層水

塩の原料は地球の深部から湧昇する地層水

塩の原料は地球の深部から湧昇する地層水

塩の原料となる海水は、中国の福建省恵安というエリアから汲み上げられています。恵安は漢の時代から塩づくりの産地として知られ、昔ながらの作り方が今も伝承されている地域です。
汲み上げる海水は、地殻のフィルターを通り、岩石を溶かし溶出した地球の深部から出る地層水。満潮時に湧昇するこの地層水を引きこんで塩田に満たします。

塩田には陶器(セラミック)が敷き詰められ、太陽からの輻射熱を得やすい環境が整えられている

太陽と風、自然の力だけで乾燥させて濃縮

太陽と風、自然の力だけで乾燥させて濃縮

太陽と風、自然の力だけで乾燥させて濃縮

広大な塩田では、海水の水分をひたすら蒸発させます。太陽の熱と風だけを頼りに3ヶ月の時間をかけて海水は濃縮されていきます。

塩田内で自然に干し上がった塩を人の手で集めていく

1年以上も時間と手間をかけて発酵熟成

1年以上も時間と手間をかけて発酵熟成

1年以上も時間と手間をかけて発酵熟成

干し上がった塩は集められ、むしろをかけられてさらに1年以上かけて熟成を行います。塩が持っている微生物で発酵を促して、より味を安定させる工程です。最後に海藻などの異物を除く作業と、厳格な製造検査(by ジャパンソルト)を経て、非加熱の天日熟成塩が完成します。

ここでも自然の力、微生物の働きで発酵

ミネラルたっぷり、おいしい非加熱の天日熟成塩

ミネラルたっぷり、おいしい非加熱の天日熟成塩

ミネラルたっぷり、おいしい非加熱の天日熟成塩

長い時間をかけて完成した「ホッティーの塩」は、マグネシウム、カリウム、カルシウムに加えて微量ミネラル元素が豊富で、モリブデン、コバルト、マンガン、銅、鉄など、74種類を越えるとされる微量元素が含まれています。
現在、公益財団法人塩事業センターが作る塩は塩化ナトリウム99%以上と定められ、ミネラルは除去されていますが、「ホッティーの塩」は塩化ナトリウム85〜90%前後。その他は74種類以上のミネラルです。そして食べてみると、まろやかな味わいがあります。堀田さんによると「ホッティーの塩は倉庫内でも還元作用を与える特殊な効果を与えています。それも旨味の秘訣です」とのこと。
体の機能を正常に維持するために必要なミネラルをたっぷりおいしく摂る塩分生活、これを機会にいかがですか。

「ホッティー薬店」のオーナー堀田家の人気メニュー塩鍋

シンプルなほど塩の味わいが引き立つ、堀田家の塩むすび

オーナーの堀田泰宏さんと「ホッティーの塩」がお気に入りという息子さんたち

◇Design me編集メンバーの声
甘みを感じるんです、「ホッティーの塩」。まろやかなので、お吸い物や炒め物もいい味になりますし、玄米ご飯にパラっとかけてもよく合います。ずっと自分は濃い味が苦手だと思い込んでいたのですが、この塩を摂るようになって、精製塩のとがった塩辛さが苦手の正体だったのかもと思うようになりました。この半年ほどは、毎日水を飲む時に「ホッティーの塩」を入れて、体調管理の相棒にしています。

◆ホッティー薬店
ホッティーの塩 2kg 2,600円(税込)
詳細はこちら
公式オンラインショップはこちら


デザインミーでは会員登録した方だけが閲覧できる限定コンテンツを多数ご用意しています。限定コンテンツは一度会員登録すれば見放題です!会員登録がまだな方はぜひご登録ください。
新規登録

株式会社アルバイトタイムス

同じキーワードを持つ記事



アクセスランキング


>>総合人気ランキング