医師が営む滞在施設で自然と調和するプログラム 【朝霧高原】10/29-31デトックス・リトリート@日月倶楽部

医師が営む滞在施設で自然と調和するプログラム 【朝霧高原】10/29-31デトックス・リトリート@日月倶楽部



開催は2021年10月29日(金)〜31日(日)2泊3日

開催は2021年10月29日(金)〜31日(日)2泊3日

開催は2021年10月29日(金)〜31日(日)2泊3日

7月の記事[富士山の麓で「わたしに還る」、医師が営む広大な滞在型施設] でご紹介した「日月倶楽部」(静岡県富士宮市)から新たなプログラムのお知らせが届きました。
合同会社circulus(キルクルス)代表、英国ホメオパスの藤田円さんと過ごす3日間のデトックスプログラムです。富士山の美しい稜線を望む絶好のロケーションで、デトックスを行いながらハーブウォーター+ハーブチンキ(またはフラワーエッセンス)作りを体験できる贅沢な内容。
日常を離れ、豊かな自然に癒されながら自身の心と体をいたわる時間を過ごせるでしょう。

日月倶楽部/2万坪の敷地には宿泊施設に加えて、屋外での様々なアクティビティを可能にする豊かな森林フィールドが広がっています。写真は、敷地内から一望する優美な稜線を魅せる富士山と能舞台

プログラムのテーマは「ホリスティック ―自然とつながる・調和するー 」

プログラムのテーマは「ホリスティック ―自然とつながる・調和するー 」

プログラムのテーマは「ホリスティック ―自然とつながる・調和するー 」

【朝霧高原】10/29-31デトックス・リトリート@日月倶楽部
3日間の日程は以下のとおりです。

◆10月29日(金)
□14時集合 ホメオパシー的健康チェック・ミニコンサルテーション
□オリエンテーション・ボタニックセラピー
□対談/山本竜隆さん(日月倶楽部運営・朝霧高原診療所 院長)×藤田円さん
□夕食付き

山本竜隆さん/医師、医学博士、朝霧高原診療所院長、昭和大学医学部客員教授、WELLNESS UNION(富士山静養園・日月倶楽部)代表
統合医療の創始者アンドルーワイル博士が主催する米国アリゾナ大学医学部総合医療プログラムAssociate Fellow(2000年〜2002年)をアジアで初めて修了

藤田円(ふじたまどか)さん/合同会社キルクルス代表
英国で8年間、半自給自足生活を送り、ガーデナー、教会建築士として働きながらSouth Downs School of Homoeopathyでホメオパシーの資格取得。卒業後もギリシャ、オランダ、インドなど世界各国でホメオパシーを学び、日々実践。現在はホメオパシー他、アロマセラピーやメディカルハーブなどの自然療法を東京中心に日本各地、イギリスやタイでも行う。英国サウスダウンズ・スクール・オブ・ホメオパシー卒業

◆10月30日(土)
□敷地内のお散歩・見学(呼吸・ヨガ・気功)
□植物療法ワークショップ
□ブランチ・夕食付き

ハーブウォーターは施設内の植物を採取し、常温真空乾燥機を用いて抽出

自然の息吹を肌で感じながらの散策。森に訪れた秋の気配を楽しんで

◆10月31日(日)
□富士山の見える能舞台での太陽礼拝(呼吸・ヨガ・気功)
□11時チェックアウト
□朝食付き

※プラグラムは天候や主催者の都合により変更する場合あり。

■参加費
58,000円(税込)
宿泊費・食事代(デトックスプログラム含む)、セミナー代金込み
現地集合・現地解散

朝日に輝く神秘的な富士山を正面に眺めながらの朝ヨガ

自由に、心やすらぐ時間を、自分のために用意する3日間。
ボタニックセラピーや自然と調和する感覚を通じて、これからの未来をもっと自分らしく過ごせるヒントに出会ってください。


◇Design me編集メンバーの声
わずらわしい日常のルーティーンから離れるには最適な場所です、日月倶楽部さん。ここで過ごすと、「私を大切にしよう」という気持ちがふわりと浮かんでくるように思います。秋からは薪ストーブの火にも癒されます。

◆日月倶楽部(ひつきくらぶ)
詳細はこちら
申し込みはこちら
公式サイトはこちら



デザインミーでは会員登録した方だけが閲覧できる限定コンテンツを多数ご用意しています。限定コンテンツは一度会員登録すれば見放題です!会員登録がまだな方はぜひご登録ください。
新規登録

株式会社アルバイトタイムス

同じキーワードを持つ記事




自然と共に生きるin日月倶楽部~いけばなとブッシュクラフト~

華道家辻雄貴氏とブッシュクラフトインストラクター福山欣晃氏初コラボ!! 辻氏のいけばなと福山氏のブッシュクラフトは一見かけ離れたものと思われますが、その場にある自然を活かし、辻氏は日本伝統の生け花、福山氏は自然の中にある物で生活に必要な道具類を作成、生活するという分野は違いますがコンセプトは同じことから、秋の日月倶楽部の自然をいけばなとブッシュクラフトの両面からお客様に堪能していただきたいと考えています。また、ワークショップではお2人の統一感を出し、1日目に材料となる木を探すところから参加者の皆様と始め、より自然から命をいただくということへの思い、自然の畏敬の念を感じて、その後のワークショップへと繋げていきます。


自分の中で「生きる」を感じるブッシュクラフト体験プログラム

「ブッシュクラフトって何?」 自然環境の中でその状況を利用し、時にはその場にある素材で必要な道具を作りながら、より快適に過ごしていくための知識や技術になります。古くからある生活の知恵、生活そのものを言ってみればブッシュクラフトです。必然的に自然環境に感覚を合わせなければならないことになります。最近ではより自然を身近に感じるためのエッセンスとしてキャンプにブッシュクラフトを取り入れて楽しむ方、災害対策の一環として取り入れている方が増えています。 今回のプログラムではブッシュクラフトの基本を体験的に学び、日常生活や次のキャンプで即役に立つ知識や技術をお伝えします。ゆったり、たっぷりと自然を感じる2日間を過ごしましょう。


こころと体のお手当三昧*草遊びリトリート@富士山靜養園Vol.10

自然湧水が流れる、富士山麗の森で、 木々やあしもとに生える草、清らかな水に触れながら、こころと体を緩めませんか? 体を緩めると、五感が冴えます。 感性も感情も瑞々しく動いて、潜在意識(本心)と繋がれます。 体を緩めると、自分(他人)も許せるようになるので、 幸せな気持ちも膨らむでしょう。 「自然欠乏症候群」を提唱される、山本竜隆先生の富士山静養園で 10回目の開催を迎える、草遊びリトリート。 今回のテーマは、こころと体に〝ありがとう〟を伝える、お手当三昧のひとときです。 体に不調があるとき、どうしたらいいか迷うとき… それは、自分の本当の声が、聞こえなくなっているときです。 「どうしたい?」が、わからないと、やみくもに頑張ったり、 無意識にガマンを続けて、体が硬くなっていることがあります 不調は、「気づいてよ」という体からのメッセージ。 これからの未来をより自分らしく、イキイキと過ごせるように、 ありのままの声に、耳を澄ます時間を過ごしましょう。 身近に生きる雑草と呼ばれている草を摘み、 彼らの名前や効能を学びながら、 自分で自分の体をお手当する〝コツ〟を学ぶ、二泊三日間。 自然の声や、潜在意識に触れるような、ミニワークを体験しながら、 こころの奥深くを満たすひとときをお楽しみください。                     案内人 かわしまようこ ✴︎静養園の2万坪の森を貸し切りますので、 安心して、深呼吸できます。



アクセスランキング


>>総合人気ランキング