動画
〈肘内障〉子供の肘が抜けた?時の治し方【しゅはら鍼灸整骨院】

〈肘内障〉子供の肘が抜けた?時の治し方【しゅはら鍼灸整骨院】

子供(1歳半~6才ぐらい)のうでをひっぱた時やこけた後に急に泣き出して腕を使おうとしなくいたがる事があります。肘内障と言います。
是は肘の関節の脱臼の場合が多いです。



例えば、わがままを言って泣き叫び、床に寝ころんだ子どもを起き上がらせようと手を引いたら、急に腕を痛がり始めたり、兄弟や友達に手を引っ張られたり、遊んでいて転び、不自然に手をついたら突然腕が動かせなくなることもあります。
 これは「肘内障(ちゅうないしょう)」といって、「腕が抜けた」という状態になっているのです。
肘の骨のいちばん上の骨頭部というところが、ひじの輪状靱帯(りんじょうじんたい)という靱帯(じんたい)から外側へ手の方にずれることで起きる「亜脱臼(あだっきゅう)」です。
 肘内障は、1歳半~6歳ぐらいの子供に多いのですが、そのなかでも、若干「なりやすい子」というのはいます。けれども、どの子どもも骨格が発達するにつれ、7歳以降は起きなくなっていきます。
 深刻なケガではありませんが、傷みが激しいため、子どもは腕を上げようとすると泣き叫美ます。

まず、肘が抜けている(肘内障)か、どうかを確かめます。
 腕をだらんと下げて動かさないでいる場合があります。これは、腕を下げていれば痛みが治まるからなのです。泣きやんでも治っているわけではありません。バンザイのかっこうが、できるかどうか見てみましょう。肘がぬけていれば(肘内障)であれば、上げられません。けれども、肩や手首の骨折というおそれもあるので、念のためどの部分が痛いのか、はれはないかなども確認してください。そのうえで肘内障ということになれば整復します。
 ひじの関節を、手のひらが上向きまたは下向きになるようにねじるだけで、コクッという音がしてひじがはまります。痛みも瞬時になくなるので、大泣きしていた子どもがあっという間に泣きや無事が多いです。
 腕が抜けたという表現から、腕を引っ張れば治るのでは、と考える人もいるかもしれませんが、それは間違いです。引っ張ることで悪化してしまうこともあるので、分からないときは医療機関(整骨院、整形外科)に治診てもらって下さい。
 コツさえわかれば簡単なことなのですが、子どもの細い腕をねじるということに、抵抗を感じる人は少なくありません。思い切ってできないときは、小児科、整形外科、整骨院などを受診して治してもらいましょう。
治った後の過ごしかた

 治してから遊ぶようすを見ていて、特に腕をかばったり痛みを訴えたりしなければ、心配いりません。
 ただし、腕を痛がるのが、高いところから落ちたり、大きなものにぶつかった後だとすると、鎖骨(さこつ)骨折や腕の骨折のおそれもあります。肘内障はレントゲンに映りませんが、骨折は映ります。気になるときは整形外科・整骨院を受診しましょう。


動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひ
あなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。

#しゅはら鍼灸整骨院 #肘が抜けた #肘内障 #京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス #セルフケア


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング