動画
五十肩 四十肩 痛みの緩和方法【しゅはら鍼灸整骨院】

五十肩 四十肩 痛みの緩和方法【しゅはら鍼灸整骨院】

五十肩 四十肩の痛みの特徴として、睡眠中の痛み、うずきや朝起きた時の痛みは、肩関節の冷えによって血行が悪くなっているのが原因です。睡眠中は体温が下がり、肩の周りには皮下脂肪が少ないので冷えやすく血行不良になりやすいのです。



睡眠中は痛い方の肩を下にするとさらに血液循環がわるくなりますので、痛い方を上にして、タオル・肩保温サポーター等で保温し肩が冷えないようにしてください。

お風呂上りに、肩が温まっていて痛みが少ない時に、少しずつ肩を回したり軽い体操を始めてください。

動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひあなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。

#しゅはら鍼灸整骨院 #五十肩 #四十肩 #京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス #セルフケア


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

同じキーワードを持つ記事





足がつる(こむら返り)の原因は?【しゅはら鍼灸整骨院】

あなたは、スポーツをしている時や、夜眠っている時に、突然、足のふくらはぎの筋肉がつって、激しい痛みにおそわれてかたまってしまったことはありませんか?京都府亀岡市の「しゅはら鍼灸整骨院」院長の主原 一朗が、足がつる(こむら返り)の原因について、わかりやすくお話しさせていただきます。


夏こそ冷え対策【しゅはら鍼灸整骨院】

暑くなってきますと、身体を冷やすことが多くなります。冬場よりも夏のほうが、冷え性には要注意です。 まず、代表的なものとしては、冷たい飲み物です。氷を入れたり、冷たいビールなども多くなりますよね。 冷たい物ばかりになると、身体の芯が冷えてしまいます。お茶などもいっぱい氷を入れたりすれば冷え冷えです。できれば温かいお白湯やハーブティなどがいいですね。 麦茶も身体の熱をとる作用があって夏にはいいのですが、氷を入れすぎないようにしてくださいね。 次にクーラーです。最近は気温も高くなりますのでクーラーもないと熱中症の危険がありますが、特に夜は冷やしすぎると寝冷えをしていまいますので、女性ははらまきなどをして予防してください。 夏場はシャワーのみで過ごす方も多いのではないでしょうか? シャワーだけでは身体が温もらずどんどん冷えてしまいます。 夏こそ湯船につかるようにしましょう! 夏の生活しだいで、今年の秋、冬の冷え性が酷くなるか、楽になるか決まります。 夏こそ冷え性対策をおすすめします。 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひ あなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。 また、お役に立てたなら、ぜひ「グッド!」を押してくださいね!


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング