動画
〈たった1分〉目のくま・疲れ目を解消するセルフケア【しゅはら鍼灸整骨院】

〈たった1分〉目のくま・疲れ目を解消するセルフケア【しゅはら鍼灸整骨院】

今や、PCやスマホは、なくてはならない存在ですよね。しかし、長時間使っていると、目のくまや疲れ目の原因になります。今回は目のくま、疲れ目を解消する簡単セルフケアについてしゅはらがお話させていただきます。



人間の目玉は本来、少し外側を向いているのが自然な位置です。モノを見るときは、筋肉を使って眼球を内側に向け、焦点を合わせるんです。つまり何かを注視し続けると目は疲れるし、モニターを見るだけで目が疲れるのもそういうわけです。パソコンやスマートフォン、タブレットの液晶画面はかなりの光を発しているんですよ!暗闇の中で液晶画面を見るとかなり明るいですよね!しかもパソコンやスマートフォンの画面からはブルーライトと呼ばれる種類の光が出ています。このブルーライトは自然界には、ない種類の光だそうです。だから、この不自然で刺激の強いブルーライトを長時間見続けると、負担も大きいのです。一定時間パソコン作業やスマートフォンを見たら目を休め、遠くを見たり、目の奥にある筋肉を大きく運動して、筋肉をほぐしましょう!
また、パソコン用のメガネをかけたり、液晶画面にフィルムを貼るなどして、ブルーライトをカットするといいでしょう。疲れ目の原因はほかにもいろいろありますが、ブルーライトも一因と考えられます。
こまめに、目のくま、疲れ目解消セルフケアを、一回約1分程度、セルフケアで目の体操をすれば目のくま予防、疲れ目予防になりますので、美容的にもいいですよ!眼力が復活して、素敵な表情になりますし、なんといっても、すっきり!します!!

#しゅはら鍼灸整骨院 #目のくま #疲れ目 #京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス #主原一朗


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

同じキーワードを持つ記事


冷え性の改善 飲み物編【しゅはら鍼灸整骨院】

お腹の中から冷え性を改善していきましょう!冷え性は身体の外から冷えるだけではありませんよ! 普段の飲み物を冷たい飲み物から、温かい飲み物に変えていくだけでもかなり変化していきます。 さらに効果を高めるには、できるだけカフェインや砂糖、人工甘味料のはいっていない物を選ぶといいですね。 温かいからといって、コーヒーや砂糖たっぷりの紅茶はあまり、おすすめできないですね。 できれば、白湯(さゆ)やハーブティがおすすめです! 味噌汁やアルコール抜きの甘酒、ジンジャーティもいいですよ。 色々な選択肢があるとバラエティにとんでいて、楽しめますね! まずは、朝一番に白湯(さゆ)をマグカップ一杯を落ち着いてゆっくり飲んでみてください。 忙しい朝だからこそ、あえて、ゆっくり飲むことがポイントです。実践していけば、身体の中から変化していくのがわかりますよ。 継続は力なりです!素直に続けてみてくださいね!


冷え性改善 風呂上がり編【しゅはら鍼灸整骨院】

冷え性を改善するための簡単ポイント!現代社会では、冬よりも暖かくなってからの方が冷え性の原因が多くなります。 寒い時期は冷えないように気をつけますが、暖かくなると、気が緩み知らず知らずの間に冷えの原因を生活の中でおこなってしまいます。 お風呂上がりの髪の毛が濡れたままだと、水が蒸発する時に気化熱といって熱を発散してしまいます。 夏に庭や門先に打ち水をして暑さ対策をするのも同じ原理です。 特に女性は髪の毛が長く乾きにくいので要注意です。 乾かすポイントとしては特にうしろ首のあたりが濡れていると身体は寒いと感じますのでうしろ首を中心に丁寧に乾かして下さい。 ドライヤーを使うと髪が傷むと懸念される方は、髪が傷みにくい機能が付いたドライヤーも最近は多数、販売されているようですのでお試しくださいね。 今日から、お風呂上がりには、早めに髪の毛を乾かしてから用事をしたり、布団に入ってくださいね! まずは実践していきましょう! 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひあなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。


〈花粉症対策〉ツボ【しゅはら鍼灸整骨院】

花粉症に効果的なつぼですが、まず、鼻水に即効に効くツボは上星(じょうせい)です!鼻からまっすぐ上がって生え際から2.3センチ上に抑えるとずーんと響く所です。気持ち鼻に向かって押さえて下さい。


〈花粉症対策〉食べ物編【しゅはら鍼灸整骨院】

花粉症は腸と冷えに大変関係があります。できれば、花粉症の方が避けたい食品としては消化が悪い物は避けて下さい。


末端冷え性 改善法 自律神経の乱れ調整【しゅはら鍼灸整骨院】

簡単な自律神経の調整で、末端冷え性を改善する方法をご紹介します。


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング