動画
末端冷え性の原因【しゅはら鍼灸整骨院】

末端冷え性の原因【しゅはら鍼灸整骨院】

寒くなってきましたね!手や足などの先がが冷えやすい。冷え性は、その名の通り「末端冷え性」と言われています。冷え性の中でも一番多いタイプです。足や手の指がいつまでも温まらず、お風呂に入っても指先だけ冷たいままで、なかなか温まらないし、布団に入っても温まらない方が多いです。
手足が冷える末端冷え性の原因について5回シリーズで説明していきます。



お腹(内臓)の冷え

お腹(内臓)の冷え

お腹(内臓)の冷え

お腹の中には子宮 卵巣 膀胱 腎臓など大切な臓器が入っています。お腹の下やお尻を直接触ってみて冷たい方はお腹、骨盤周りがかなり冷えています。お腹が冷えていると、血液は内臓を守ろうとしてお腹ばかりに血液が集まり、手足の先まで流れる量が減ってしまいます。

運動不足(筋肉不足)

運動不足(筋肉不足)

運動不足(筋肉不足)

デスクワークなどの方は日常的に運動不足になりがちです。筋肉は熱を発生しますが脂肪は熱を出してくれません。

食生活

食生活

食生活

夏場に冷たい飲み物で冷やしたり、生野菜ばかり、南の島で取れる植物や果物、白砂糖や食品添加物、薬は身体を冷やします。

ストレス(自律神経の乱れ)

ストレス(自律神経の乱れ)

ストレス(自律神経の乱れ)

現在社会はストレスが多く交感神経を緊張させる事が多く、血管を縮めてしまいます。血液ドロドロになります。

次回からは各原因の解消法についてお話しさせていただきます。

動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひあなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。

#しゅはら鍼灸整骨院#冷え性#冷え症#京都府#亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス#ハウツー #主原一朗


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

同じキーワードを持つ記事



足がつる(こむら返り)の原因は?【しゅはら鍼灸整骨院】

あなたは、スポーツをしている時や、夜眠っている時に、突然、足のふくらはぎの筋肉がつって、激しい痛みにおそわれてかたまってしまったことはありませんか?京都府亀岡市の「しゅはら鍼灸整骨院」院長の主原 一朗が、足がつる(こむら返り)の原因について、わかりやすくお話しさせていただきます。


夏こそ冷え対策【しゅはら鍼灸整骨院】

暑くなってきますと、身体を冷やすことが多くなります。冬場よりも夏のほうが、冷え性には要注意です。 まず、代表的なものとしては、冷たい飲み物です。氷を入れたり、冷たいビールなども多くなりますよね。 冷たい物ばかりになると、身体の芯が冷えてしまいます。お茶などもいっぱい氷を入れたりすれば冷え冷えです。できれば温かいお白湯やハーブティなどがいいですね。 麦茶も身体の熱をとる作用があって夏にはいいのですが、氷を入れすぎないようにしてくださいね。 次にクーラーです。最近は気温も高くなりますのでクーラーもないと熱中症の危険がありますが、特に夜は冷やしすぎると寝冷えをしていまいますので、女性ははらまきなどをして予防してください。 夏場はシャワーのみで過ごす方も多いのではないでしょうか? シャワーだけでは身体が温もらずどんどん冷えてしまいます。 夏こそ湯船につかるようにしましょう! 夏の生活しだいで、今年の秋、冬の冷え性が酷くなるか、楽になるか決まります。 夏こそ冷え性対策をおすすめします。 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひ あなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。 また、お役に立てたなら、ぜひ「グッド!」を押してくださいね!


冷え性改善ガードルについて【しゅはら鍼灸整骨院】

冷え性改善対策その3としてガードルについてお話しさせいただきます。女性の方でガードルをはかれる方が多くおられますが、ガードルは脚の付け根を圧迫してしまいます。 脚の付け根には、血管、リンパがあり、その血管、リンパを圧迫することにより、血液やリンパの流れが悪くなります。 それが冷え性・むくみ・脚のだるさ・身体の代謝低下をおこしてしまします。 お腹周りを保温することは大切ですが、圧迫のない、腹巻きなどが身体の健康にとってはいいですね! 温かい季節でも睡眠中や自宅にいる時は圧迫しない「腹巻き」をお勧めします。 当院では、冷え性対策として、長年の研究、実験の結果、探し出したオーガニックコットンの腹巻き付きパンツをおすすめしています。 今日から、血管・リンパを押さえつけるガードルから、圧迫しない腹巻きに替えて、冷え性・むくみを解消しましょう! 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひあなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。


冷え性の改善 飲み物編【しゅはら鍼灸整骨院】

お腹の中から冷え性を改善していきましょう!冷え性は身体の外から冷えるだけではありませんよ! 普段の飲み物を冷たい飲み物から、温かい飲み物に変えていくだけでもかなり変化していきます。 さらに効果を高めるには、できるだけカフェインや砂糖、人工甘味料のはいっていない物を選ぶといいですね。 温かいからといって、コーヒーや砂糖たっぷりの紅茶はあまり、おすすめできないですね。 できれば、白湯(さゆ)やハーブティがおすすめです! 味噌汁やアルコール抜きの甘酒、ジンジャーティもいいですよ。 色々な選択肢があるとバラエティにとんでいて、楽しめますね! まずは、朝一番に白湯(さゆ)をマグカップ一杯を落ち着いてゆっくり飲んでみてください。 忙しい朝だからこそ、あえて、ゆっくり飲むことがポイントです。実践していけば、身体の中から変化していくのがわかりますよ。 継続は力なりです!素直に続けてみてくださいね!


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング