動画
巻き肩 猫背 解消 OKストレッチ【OKウォーク通信】

巻き肩 猫背 解消 OKストレッチ【OKウォーク通信】

モデル体型を手に入れて仕事のパフォーマンスを高める



ウェルネスプロからのワンポイントアドバイス

ウェルネスプロからのワンポイントアドバイス

ウェルネスプロからのワンポイントアドバイス

≪【自宅で器具なし】猫背・巻き肩矯正簡単ストレッチ≫

ALOHA~!講師歴30年超えメディア出演3500本超えのウォーキングプロデューサーOK和男です!


≪姿勢を改善して首・肩の凝りや痛みを解消しましょう!≫
猫背になってしまう原因はたくさんあります。
例えば、骨盤の状態・座っている時や立っている時の姿勢・お腹や腰の筋肉のバランスの崩れなど、たくさんの原因があります。

一言で「猫背」と言っても、背中の脊椎が曲がって呼吸機能の低下・誤嚥(ごえん)・圧迫骨折の原因にもなる「円背(えんぱい)型猫背」や、顔が前に出てストレートネックや頭痛の原因にもなる「首猫背」や、腰のあたりで大きく曲がり腰痛やヘルニアのリスクを高める「腰猫背」など、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。

そしてこの動画の中で出てくるのは、長時間のデスクワークなどで生じやすい猫背です。それは肩が前に巻き込むように入ってしまう「巻き肩猫背」です。


≪こんな人は要注意です≫
・毎日長時間うつむいてスマホを見ている
・座る姿勢が悪く肩こり、腰痛に悩んでいる
・ダイエットの失敗を繰り返している
・自宅で丸まってくつろいでいる時間が長い

あなたは、大丈夫ですか^^?


≪セルフチェック方法≫
壁に背を向けて真っすぐに立ってみましょう。
壁に踵(かかと)・お尻・肩甲骨をつけて立った時にあなたの肩はどこにありますか?
自然に壁についていますか?
ついていればOKです!OK肩です(^^)/
肩が壁から大きく離れて前に出ていた場合は要注意です。既に巻き肩猫背になっています。(*体型により個人差があり例外の方もいらっしゃいます)

該当した時は動画を参考に、日頃から背筋を伸ばして正しい座り方を実践して、姿勢改善していきましょう!
動画の中では、巻き肩・猫背の症状の特徴やOK和男が実践している改善方法を紹介しています。


≪自分でできる「巻き肩・猫背」予防解消対策≫
OKポイントは、「前側をしなやかに!後ろ側を元氣に!」です。

巻き肩は、肩や胸の前側にある鎖骨下筋や小胸筋、大胸筋などの筋肉がかたく縮み短くなって、肩のポジションが内側にズレてくることで起こります。

また、背中側の僧帽筋、菱形筋(りょうけいきん)の働きが低下して肩甲骨が外転したり(外側に離れていく)、胸郭外側面にある前鋸筋(ぜんきょきん)が短くなることでも、肩甲骨が外転、上方回旋して巻き肩・猫背の原因になります。

前側をしなやかに、後ろ側を元氣にしていくことが、ゆがみ解消効果を高めるポイントです!

毎日のちょっとした隙間時間の新習慣として取り入れてみてください(^^)/ きっと気になっていた首や肩のまわりの動きが良くなりますよ。よかったら感想なども聞かせてくださいね♪


この動画はこんな人におすすめです
・仕事関連でパソコンやスマホを使う機会が多い人
・姿勢が悪く運動の習慣がない人
・呼吸が浅い人
・股関節や膝の痛みが気になる人(猫背が原因のケースがあります)


≪動画内のストレッチの効果は?≫
・胸周りの筋肉をしなやかに伸ばす
・肩の位置を整える
・身体の前後のバランスを調整する
・立ち姿勢を美しくする
・首や肩の負担を和らげる

実際に試してみて効果を感じたら、姿勢改善エクササイズとして続けてみてください。疲れにくい身体を手に入れて健康美を感じましょう。


他にも運動不足状態から抜け出すための自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる方法をご紹介しておりますので、ぜひ下記の「このプロの他の記事を見る」をクリックしてプロフィールページに記載しているアドレスからいろいろな情報にアクセスしてください。

それでは、本日もしなやかな背骨と美しい姿勢で、スッキリ伸び伸びと過ごしましょう♪

#巻き肩 #猫背 #解消 #ストレッチ #OKウォーク #ウォーキング #姿勢の改善 #健康 #ウェルネス #デザインミー#Designme


この記事のウェルネスプロ

社)日本ボディデザイン協会
東京都品川区

同じキーワードを持つ記事



1分で肩が引っ込む!? 巻き肩のセルフケア 〈さとう式リンパケア〉【整体サロンボディケアむすひ】

『巻き肩』とは、肩が前に巻いてしまい、胸よりも前に出てきてしまう状態のことです。 スマホやパソコンを長時間使うことが多い現代において、多くの人が知らずしらすのうちに巻き肩になってしまっています。 簡単なチェック方法としては、 横を向いた状態で鏡をみて、体の中心よりも肩の位置が前に出てしまっていると、巻き肩の疑いがあります。 巻き肩になってしまうと、首や肩の筋肉に負担がかかり、頭痛、肩こり、ひいては腰痛などの痛みや不調を引き起こしてしまいます。 巻き肩や猫背といった姿勢の問題があると、 多くの人は、背すじを伸ばしたり、胸を張ったり、肩甲骨を寄せるなどして、姿勢を正そうとしますが、この方法では、いい姿勢は身につきません。 また、マッサージやストレッチも多くの場合は効果がないか、逆効果になってしまいます。 そこで、今日は、 巻き肩の本当の原因と、自宅で簡単にできるセルフケアのやり方を紹介します。 動画を見ながら一緒にやってみてください。 効果を出すポイントは、 ・優しく触ること(例えが変ですが、まぶたの上から眼球に触って、圧迫感を感じないくらい優しく) ・深呼吸を鼻から吸って、口から吐くこと。吐く時に力を抜いてリラックスすること。 片側だけやってみて、左右の変化を確認するとと効果を感じやすいと思います。 首の左右の向きやすさ、腕を上にあげたときの可動域などチェックしてみてください。


〈肩こり・巻き肩〉片手バンザイのやり方とコツ 〈さとう式リンパケア〉【整体サロンボディケアむすひ】

頭痛、肩こり、ねこ背、巻き肩などに効果バツグンの片手バンザイ体操です。めちゃくちゃ優しく触れるのがポイントです。


〈座って背中痩せ〉3種類の効果的な背中エクササイズ!猫背、巻き肩でお悩みの方必見!【NextR】

運動初心者が自宅で気軽に取り組めるエクササイズ動画を配信しています。ダイエットはもちろん健康的なカラダ作りのお手伝いをします。Let’s Try!


〈巻き肩改善法〉たった2つ厳選!自分でできる「巻き肩改善ストレッチ方法」あなたのタイプはどっち!?【姿勢改善サロンRoots】

巻き肩で悩んでいる方必見のストレッチ方法をお話しています。巻き肩で必要なのはたったこれだけ!?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング