動画
末端冷え性を改善法 食生活を見直しませんか?【しゅはら鍼灸整骨院】

末端冷え性を改善法 食生活を見直しませんか?【しゅはら鍼灸整骨院】

ちょとした食生活の見直しで、末端冷え性を改善する方法をご紹介します。



皆さん、食生活には気をつけておられる方も多いと思いますが、意外な落とし穴があります。例えば、ダイエットの時にカロリーを控えるために生野菜ばかり食べたり、肉が極端に少ないと身体の熱が発生しにくくなります。
もちろん、生野菜は酵素などがあっていいのですが、温野菜、特に冬は土の中に出来る根菜類(大根、ニンジン、ごぼう)は身体を温めてくれます。
あと、果物では、リンゴ、ミカンは冬にとれるので、わりと身体を冷やしにくいです。逆に南の島でとれるバナナなどの果物は食べ過ぎは身体を冷やしやすいので要注意です。
コーヒーも南の国で採れますますので、一日1~2はい程度なら、いいのですが、5~10はいになると身体を冷やす原因になることもありますので、お白湯やハーブティなどに少し変えてみる方法も良いですね!
あと、お勧めとしては甘酒(アルーコールなしもあります)、みそ汁です。みそは日本の代表的な発酵食品です。味噌は身体を温めますよ!

多少、お肉も必要と思います。肉はエネルーギーを多く発生します。食べ過ぎはいけませんよ。もちろん、体質的に食べれない方は、無理しなくていいです。

季節の旬の物をバランスよくとってください。
最後に、白砂糖はかなり身体を冷やしますので、ご家庭でははちみつなどを代わりに使うのもお勧めですね。

#しゅはら鍼灸整骨院#冷え性#食生活#冷え症#京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス#ハウツー #主原一朗


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

同じキーワードを持つ記事





足がつる(こむら返り)の原因は?【しゅはら鍼灸整骨院】

あなたは、スポーツをしている時や、夜眠っている時に、突然、足のふくらはぎの筋肉がつって、激しい痛みにおそわれてかたまってしまったことはありませんか?京都府亀岡市の「しゅはら鍼灸整骨院」院長の主原 一朗が、足がつる(こむら返り)の原因について、わかりやすくお話しさせていただきます。


夏こそ冷え対策【しゅはら鍼灸整骨院】

暑くなってきますと、身体を冷やすことが多くなります。冬場よりも夏のほうが、冷え性には要注意です。 まず、代表的なものとしては、冷たい飲み物です。氷を入れたり、冷たいビールなども多くなりますよね。 冷たい物ばかりになると、身体の芯が冷えてしまいます。お茶などもいっぱい氷を入れたりすれば冷え冷えです。できれば温かいお白湯やハーブティなどがいいですね。 麦茶も身体の熱をとる作用があって夏にはいいのですが、氷を入れすぎないようにしてくださいね。 次にクーラーです。最近は気温も高くなりますのでクーラーもないと熱中症の危険がありますが、特に夜は冷やしすぎると寝冷えをしていまいますので、女性ははらまきなどをして予防してください。 夏場はシャワーのみで過ごす方も多いのではないでしょうか? シャワーだけでは身体が温もらずどんどん冷えてしまいます。 夏こそ湯船につかるようにしましょう! 夏の生活しだいで、今年の秋、冬の冷え性が酷くなるか、楽になるか決まります。 夏こそ冷え性対策をおすすめします。 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひ あなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。 また、お役に立てたなら、ぜひ「グッド!」を押してくださいね!


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング