動画
手軽にできる鼻づまりの解消法とは?効果的なツボ8つをわかりやすく解説

手軽にできる鼻づまりの解消法とは?効果的なツボ8つをわかりやすく解説

日常的に人々を苦しめている鼻づまりは意外とすぐに解消させる方法があります。ツボを知っていることで、鼻づまりだけでなく色々なトラブルを解消することが出来るでしょう。今回の記事では、効果的なツボを紹介していますので参考にしてみてください。



鼻づまりの原因


鼻づまりの原因は何パターンかの原因があります。



ごく一般的なもので、「鼻の粘膜が腫れる」「鼻汁がたまる」「鼻の骨や軟骨の問題」「鼻内にデキモノ」「鼻内に異物が入る」、さらには「鼻と喉の間に腫れ物があるなど」が挙げられます。



この鼻づまりの症状は、寝られない・口呼吸になる・集中ができないなどの二次的な影響も及ぼします。



特にこの問題が長引く場合や、花粉症の時期などの慢性的な鼻づまりは非常にストレスにつながる問題となります。


鼻づまり解消にツボ押しは効果的?


鼻の粘膜には、たくさんの血管が通っています。



そのため、血管が拡がると粘膜は腫れ鼻の通りが悪くなってしまいますが、逆に血管が収縮すると腫れは治まり鼻の通りが良くなります。



鼻づまり解消ツボを押すことで血管の動きを利用して、鼻づまりを和らげることができます。



ここからは、ツボ押しがいかに効果的かをご紹介させていただきますので、鼻づまりにお悩みの方は早速実践してみて下さい。


夏風邪に注意!


夏の時期には夏風邪に注意が必要となります。



特に夏には体力が落ちやすく、暑さによる睡眠不足、クーラーによる冷えで夏風邪を引きやすくなります。



夏風邪によって鼻水、鼻づまりが起きやすくなるので、この時期は体調管理が不可欠となります。


鼻づまりの解消に効果的なツボ2つ


ここでは、実際に鼻づまりが起きた際にツボによる効果的な解消方法を2つご紹介させていただきます。



いつでも手軽に行うことができますので、是非ともご参考にしてみて下さい。


迎香(げいこう)


1つ目は迎香というツボです。



この迎香は小鼻のキワの横で、押すとズーンと響くような感覚になるツボです。ここを両方一気に押してしまうと息苦しくなるため、1分程度を目安に片方ずつ押していきます。



中指や人差し指で、少し痛いぐらいで押すことが効果的となります。


上星(じょうせい)


2つ目は上星というツボです。



上星を見つける時は、まず手首の横シワのあたりを鼻のてっぺんに当てます。そのまま額に手をつけた時に、中指の先に当たるところが上星のツボとなります。



ここも周辺を押していくとズーンと響くような箇所があります。この箇所を見つけることが出来たら、先ほど同様に中指や人差し指で1分程度押すことで鼻づまりが解消されます。



上星は鼻づまりに限らず、疲れ目・かすみ目・頭痛・いびきにも効果的なツボとなります。


そのほかに鼻づまり解消に効果的なツボ6つ


先に、鼻づまり解消に効果的な2つのツボをご紹介させていただきましたが、他にも効果的なツボがいくつかあります。



ここでは、さらに6つほど効果的なツボをご紹介します。


1:晴明(せいめい)


1つ目は晴明と言われるツボです。この晴明は、眼頭にあるツボです。



ここを親指と人差し指でつまむように押すことで、目の周りの血流が良くなり、鼻づまり以外にも眼精疲労やドライアイに効果的なツボとなります。


2:印堂(いんどう)


2つ目は印堂と言われるツボです。この印堂は左右の眉毛の内側をつないだ線のちょうど真ん中あたりに位置しているツボとなります。



この印堂を小さな円を描くように10秒ほど軽く押さえて刺激します。



刺激することで鼻づまりの解消だけでなく、頭痛・眼精疲労・不眠症に効果的なツボとなります。


3:尺沢(しゃくたく)


3つ目は尺沢と言われるツボです。



尺沢は、肘を曲げる時にできる内側のシワを起点に、シワの中央から指2本分親指方向に行った時にある、硬い腱の外側にあるツボです。



この尺沢の刺激方法は、まず反対側の手で内側から肘を包み込むようにします。



包み込んだら親指で少し強めにツボを押しながら、拳を頬に当てるようなイメージで肘を曲げたり伸ばしたりを10回から20回ほど繰り返します。



こうすることで鼻づまりの解消に効果があるでしょう。


4:合谷(ごうこく)


4つ目は合谷と言われるツボです。



この合谷は、人差し指と親指の骨が交差する場所の谷間にあるツボです。軽く手を開いた状態だと、人差し指と親指の間が谷間のように凹んでいます。



この合谷は、開いた状態が虎の口に似ていることから、別名「虎口」とも呼ばれています。



この合谷を逆の親指と人差し指で挟みコリコリと刺激します。また、この合谷は鼻づまりだけでなく、頭痛・眼精疲労・歯の痛み・肩コリなど幅広く効果的なツボとなります。


5:外鼻(がいび)


5つ目は外鼻と言われるツボです。外鼻は耳の穴の手前にある、ふくらみの真ん中あたりの少し上にあります。



外鼻は耳の穴に人差し指を入れて、外から親指で挟むようにして刺激します。



ポイントは他のツボのように押すのではなく、揉みほぐすことです。2分ほど揉みほぐすことで、より効果的に鼻づまりを解消させてくれるでしょう。


6:内鼻(ないび)


6つ目は内鼻と言われるツボです。内鼻は先ほどの外鼻と非常に近いところにあるツボで、耳の穴の手前にある、ふくらみのちょうど真ん中あたりが内鼻となります。



また、内鼻の少し上が先述の外鼻で、その少し下が腎上線と言われるツボです。



刺激方法は、外鼻と同様に耳の穴に人差し指を入れて外側から親指で挟みこみ、揉みほぐすようにします。腎上線も全く同様の方法のため、3箇所を一気に揉みほぐすことでより効果的となるでしょう。


ツボ以外の鼻づまり解消法3つ


ここまで、ツボを押したり、揉みほぐしたりすることで鼻づまりを解消させる方法をご紹介しました。続いて、ツボの刺激以外での解消方法をご紹介します。



どの方法も、少し意識したり手軽に取り組んだりできるので、鼻づまりがひどい時に行ってみて下さい。


1:体や鼻を温める


1つ目の方法は体や鼻を温めることにより、鼻づまりを解消させる方法です。水っぽい鼻水が出る鼻づまりに特に効果的な方法となります。



鼻を蒸しタオルなどで温めることにより、鼻孔が広がり、粘膜の血流が良くなります。



これにより鼻の粘膜のうっ血が解消され、一時的に鼻の通りが良くなります。



なお、粘った鼻水、慢性的な鼻水の場合は、冷やしタオルで熱を取ることで鼻の通りが良くなります。


2:部屋の湿度を調整する


2つ目の方法は、部屋の湿度を調整することで鼻づまりを解消させる方法です。



本来、鼻の内部は粘液により常に湿っている状態です。日常的に呼吸により鼻に空気が入り込むため、秋から冬にかけては特に乾燥しやすくなります。



また、鼻の内部は色々なトラブルが起きやすい部位であり、乾燥により鼻の中が痒くなる・鼻の中が痛む・不快感・息苦しい・鼻血が出るなどが起きやすくなります。



これらを防ぐために加湿が必要となります。



一般的には、部屋の湿度が40%~60%ぐらいになるように加湿器などで調整することで、鼻の乾燥を防げます。


3:寝姿勢を工夫する


3つ目の鼻づまり解消方法は、寝る姿勢を工夫することです。



起きた時に口が異常に乾燥している方も多いでしょうが、これは寝ている間に口呼吸をしているために引き起こされる症状です。



寝ている間の鼻づまりによって口呼吸になっている場合もありますが、口呼吸により鼻づまりを引き起こしている場合もあります。



鼻呼吸をキープする上でも、仰向けで寝ることが必要となります。



癖により仰向けで寝ることが難しい場合は、枕を低くすることで仰向けの姿勢を保ちやすくする方法もあります。



枕を買うことが難しい場合は、バスタオルを折りたたんで枕代わりにするのも良いでしょう。



さらに、このバスタオルを首の後ろに当てることで、自然な首のカーブを維持することができるため、結果的に仰向けの姿勢を維持しやすくなり、鼻呼吸をしやすい状態で睡眠が取れます。


鼻づまり解消に効果的なツボを知ろう


鼻づまりは日常生活において非常に不快感を与えるものです。春の花粉症や夏場の夏風邪、秋や冬の乾燥など、常に人々の身近な問題となっています。



本記事では、色々な解消方法を紹介してきましたが、特にツボ押しは、場所や時間関係なく手軽にすぐに行うことが出来ます。



また、鼻づまりだけに限らず色々なツボを知っていることで、他のトラブルも解消されるでしょう。本記事を参考に、ツボを押して鼻づまりの解消方法を試してみましょう。


この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事



5分で出来る!花粉症改善期待の発酵食品「だし」の取り方!【ふるさと】

調味料と出汁だけですぐできちゃう、簡単・安心・安全・安価な「だし」を利用して、美味しく花粉症改善を!めちゃ旨いっす!


花粉症の市販薬の選び方【マルトク薬局】

症状に合わせた花粉症の市販薬の選び方どんな薬を使ったらいいの? そんな疑問に現場の薬剤師がお答えします。


〈花粉症対策〉耳ツボ【しゅはら鍼灸整骨院】

花粉症に効果的な耳ツボについて、院長の主原がお話しさせていただきます。さて、上手に耳ツボを使って花粉症をのりきりましょう!


〈アトピー&花粉症持ち必見!〉絶対にやってはいけない3つのこと【なおよキッチン】

美味しく楽しく健康に!なおよキッチンへようこそ!今回はアトピーや花粉症で悩んでいる方必見!やってはいけないこと3選をお話させていただきました。私もひどいアトピーや花粉症を体験しましたが、花粉症の症状はここ数年ほとんど出ていません。 どんなことをすれば良いのかもお伝えできればと思いますので是非ご覧ください!


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング