動画
〈花粉症対策〉マスクの正しい使い方【しゅはら鍼灸整骨院】

〈花粉症対策〉マスクの正しい使い方【しゅはら鍼灸整骨院】

みなさんは、マスクの正しい付け方をご存じでしょうか?以外にも、正しくマスクを使えている方は少ないようです。



まずはマスクの上下を確認します。マスクの折り目(プリーツ)が下向きに来るのが表です。逆に付けると、折り目に花粉やウイルスが溜まり、逆効果になるので注意!

ポイントはマスクは顔との「フィット」が大切です。そこで、「ぴったりフィット」させる方法です。
注意するポイントは3つ。鼻の周り、ほほの隙間、あごまで覆う事です。
ワイヤー入りのマスクなら、ワイヤーを折り曲げて、鼻二形に合わせて鼻の横のすき間を減らします。
また、「あご」までしっかり伸ばすのが大切ですが、伸ばしすぎると「ほほ」にすき間ができてしまうこともあるので、 両方にすき間ができない、ちょうど良い位置に!
さらに、自分にあった大きさ・形を選ぶことも重要なポイント。大き過ぎ、小さ過ぎは「すき間」ができる元になります。自分の顔にあった大きさ・形のマスク選びが大切です。
こうしたチェックポイントに注意するだけで、カット率が大幅に改善!なんと、カット率0%から、97%へ飛躍的にアップした人も。「フィット」に気を配るかどうかで、マスクの効果は大違いなのです。
ぜひ!あなたも実践してみてくださいね!

#しゅはら鍼灸整骨院 #花粉症 #マスク #マスクの着け方 #京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス#ハウツー #主原一朗


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

同じキーワードを持つ記事





足がつる(こむら返り)の原因は?【しゅはら鍼灸整骨院】

あなたは、スポーツをしている時や、夜眠っている時に、突然、足のふくらはぎの筋肉がつって、激しい痛みにおそわれてかたまってしまったことはありませんか?京都府亀岡市の「しゅはら鍼灸整骨院」院長の主原 一朗が、足がつる(こむら返り)の原因について、わかりやすくお話しさせていただきます。


夏こそ冷え対策【しゅはら鍼灸整骨院】

暑くなってきますと、身体を冷やすことが多くなります。冬場よりも夏のほうが、冷え性には要注意です。 まず、代表的なものとしては、冷たい飲み物です。氷を入れたり、冷たいビールなども多くなりますよね。 冷たい物ばかりになると、身体の芯が冷えてしまいます。お茶などもいっぱい氷を入れたりすれば冷え冷えです。できれば温かいお白湯やハーブティなどがいいですね。 麦茶も身体の熱をとる作用があって夏にはいいのですが、氷を入れすぎないようにしてくださいね。 次にクーラーです。最近は気温も高くなりますのでクーラーもないと熱中症の危険がありますが、特に夜は冷やしすぎると寝冷えをしていまいますので、女性ははらまきなどをして予防してください。 夏場はシャワーのみで過ごす方も多いのではないでしょうか? シャワーだけでは身体が温もらずどんどん冷えてしまいます。 夏こそ湯船につかるようにしましょう! 夏の生活しだいで、今年の秋、冬の冷え性が酷くなるか、楽になるか決まります。 夏こそ冷え性対策をおすすめします。 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひ あなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。 また、お役に立てたなら、ぜひ「グッド!」を押してくださいね!


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング