動画
子宮腺筋症とは?【女性の健康部屋 ナチュラルケア純】

子宮腺筋症とは?【女性の健康部屋 ナチュラルケア純】

この動画では子宮腺筋症について解説しています。



ウェルネスプロからのワンポイント解説

ウェルネスプロからのワンポイント解説

ウェルネスプロからのワンポイント解説

子宮腺筋症は、本来、子宮内腔(子宮の内部)にあるべき内膜組織が子宮筋層内(子宮の筋肉の中)に散在してしまう病気です。
その結果、月経時に痛みを伴ったり経血量が通常よりも多くなったりします。
子宮腺筋症の原因としては、月経血が逆流して子宮筋層内に浸潤するという月経逆流説がありますが、現在の医学ではまだはっきりとは解明されていません。
子宮腺筋症は、20~40代の出産や中絶を経験した女性に多くみられ、エストロゲン(女性ホルモン)の作用が影響していると考えられています。
子宮腺筋症の具体的な症状としては、月経痛、骨盤痛、下腹部痛、月経過多、不正出血など、様々な症状が挙げられます。
子宮腺筋症が生じるメカニズムについては不明な点が多いものの、生活習慣による影響も少なからずあるでしょう。
そのため当院では、整体で骨格や内臓機能を調整した上で、食生活や運動などのライフスタイルに関するアドバイスも行っています。
子宮腺筋症でお悩みの方は、まずは食事内容を見直し、定期的な運動、そして十分な睡眠をとることを意識してみてください。

#子宮腺筋症 #子宮内膜症 #生理痛 #不妊 #子宮 #ウェルネス #健康 #Designme #デザインミー


この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事




生理痛が辛い奥様にやり続けてみて!!必見!足つぼのマッサージのやり方〈足つぼ マッサージ やり方〉【足つぼマニア工場長ゴリータやまね】

足のむくみ、体質改善、腰痛、頭痛、自律神経失調症などにマルチな効果をもたらす足つぼを、東洋式の施術でイタ気持ちよくあなたの不調を改善させます。



押すだけ!セルフケア 背骨下部の反射区【癒しサロンLaula~ラウラ~】

今回は背骨下部 リラックス状態を促す副交感神経が多くあるのが背骨下部。 腰がこるとイライラしたり、便秘になりやすい、頻尿気味などのサインがあらわれます。 腰がこると心身が緊張しますので、こまめに背骨下部の反射区を押して、セルフケアしましょう。


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング