動画
末端冷え性 改善法 自律神経の乱れ調整【しゅはら鍼灸整骨院】

末端冷え性 改善法 自律神経の乱れ調整【しゅはら鍼灸整骨院】

簡単な自律神経の調整で、末端冷え性を改善する方法をご紹介します。



現在社会はストレス多いですよね!有効な頑張る元になるストレスもあるのですよ。よーし!がんばるぞーと思えるのは自律神経の力なんです。自律神経とは、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)をあわせての総称で、からだのアクセルとブレーキっを自動で調整してくれているのですが、ストレス過剰で交感神経(アクセル)ばかりが続くと交感神経の影響で血管がキュット!縮まってしまいます。これによって血液循環が悪くなります。
オンとオフ、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)をバランス良く使う必要があります。副交感神経(ブレーキ)を使うには、40度前後のお風呂にゆっくり浸かるとか!好きな香り(アロマ)を嗅ぐとか!ゆったりした音楽を聴くのもいいですね。
特に、器具がなくても、出来る方法があります。自律神経の中でも、唯一呼吸だけはご自身で早くしたり、ゆっくりしたりできますし、いつでもどこでも出来ます。
ゆっくり息を鼻から吸って、ゆっくり口からはいてみて下さい。吐く事を大切に3回やってみて下さい。吐き切るようにしてみてください。
3回で、自律神経はかなり整います。ふーっと口に出しても、言わなくてもどちらでもいいですよ。

#しゅはら鍼灸整骨院#冷え性#ストレス#冷え症#自律神経#交感神経#副交感神経#血液循環#リラックス#京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス#ハウツー #主原一朗


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

同じキーワードを持つ記事






夏こそ冷え対策【しゅはら鍼灸整骨院】

暑くなってきますと、身体を冷やすことが多くなります。冬場よりも夏のほうが、冷え性には要注意です。 まず、代表的なものとしては、冷たい飲み物です。氷を入れたり、冷たいビールなども多くなりますよね。 冷たい物ばかりになると、身体の芯が冷えてしまいます。お茶などもいっぱい氷を入れたりすれば冷え冷えです。できれば温かいお白湯やハーブティなどがいいですね。 麦茶も身体の熱をとる作用があって夏にはいいのですが、氷を入れすぎないようにしてくださいね。 次にクーラーです。最近は気温も高くなりますのでクーラーもないと熱中症の危険がありますが、特に夜は冷やしすぎると寝冷えをしていまいますので、女性ははらまきなどをして予防してください。 夏場はシャワーのみで過ごす方も多いのではないでしょうか? シャワーだけでは身体が温もらずどんどん冷えてしまいます。 夏こそ湯船につかるようにしましょう! 夏の生活しだいで、今年の秋、冬の冷え性が酷くなるか、楽になるか決まります。 夏こそ冷え性対策をおすすめします。 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひ あなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。 また、お役に立てたなら、ぜひ「グッド!」を押してくださいね!


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング