動画
クレーター肌の改善方法4つ|原因や隠すためのメイク術も紹介!

クレーター肌の改善方法4つ|原因や隠すためのメイク術も紹介!

クレーター跡は、その有無で顔の印象を大きく変えます。思春期の頃に軽い気持ちで潰したニキビ跡が20代を過ぎてから気になり始めた方も多いのではないでしょうか。コチラの記事では、そんなクレーター記事の治し方について紹介しています。



クレーター肌になる原因4つ


クレーター肌の原因となる、ニキビのできやすさは遺伝しないと言われています。。クレーター肌を構成するのは、男女の差異や生まれつきの体質よりも、環境や生活習慣が重要なファクターとなります。


こちらでは、そんなクレーター肌を形成する4つの原因をご紹介します。


1:ニキビをつぶしたり放置している


1つ目は、ニキビを潰したり放置してしまうことです。


赤みの色を帯びて腫れ上がった重度のニキビは放っておくとクレーター肌の原因になると言われています。


また、見た目が悪いからといって自己判断で潰すのはやめましょう。手に付いた雑菌が付着し、寧ろ悪化してしまう可能性があります。


2:洗浄力の強い洗顔料を使っている


ニキビができたからといって、それまでスキンケアに使っていたものよりも洗浄力の強い洗顔料を使ったり、1日に何度も顔を洗ったりすると、かえって悪化してしまう可能性があります。


洗顔はできるだけ1日2回に分け、適切な分量を用いて泡で顔を包み込むように洗い、たっぷりの水を使って、しっかりと洗顔料を流し落とすことを心がけましょう。


3:睡眠が不足している


ニキビの原因となる皮脂の分泌は、ホルモンによってコントロールされています。このホルモンバランスは睡眠時間が不足すると容易に崩れてしまうと言われています。


4:栄養バランスが偏っている


ニキビができるからといって、油物を控えるなどバランスを気にしないのも良くありません。


あまりにも栄養が偏っていたり、間食が多いとホルモンバランスが乱れて肌の改善の妨げになる可能性があります。


クレーター肌を改善するには?


お肌にできてしまったニキビは、その後ニキビ跡として残ることもありきれいに整えるまでには大変苦労します。私自身これまでニキビで苦労してきましたが、じっくり時間をかけることで 現在はきれいな肌を手に入れることができました。


そんなニキビ跡の中でも、今回は<クレーター肌>について詳しく紹介していきます。


クレーター肌とは?


クレーター肌とは、ニキビ跡の中でもクレーターのように凸凹したお肌の状態を指します。


膿のある黄色いニキビが取れた後に溝となり、それが複数できることで凸凹のあるクレーター肌になります。


クレーター肌の一般的な治療方法と注意点


クレーター肌を治す方法として一番多いのは、クリニックでのレーザー治療です。1回辺りの価格は、おおよそ¥30,000〜 となっており、できるだけ早く改善したい方にはおすすめの方法です。


レーザー治療したあとは、照射した箇所が非常に敏感になります。そこでお手入れを怠らず、適切なスキンケア選びをする事が重要となります。ですからレーザー治療を選択される場合は、治療後にどんなスキンケアをするべきかというところまで注意してください。


また、レーザー治療直後はダウンタイムがあり、つらい時期を乗り越える必要もあります。


スキンケアだけでクレーター肌を治すことは可能?


クレーター肌をスキンケアだけでなめらかに整えるには、多くの時間がかかります。実際難しそうだと感じる方は多いでしょう。


しかしお肌のターンオーバーを正常に整えることで、時間はかかっても理想のお肌に近づけていくことは可能です。


クレーター肌のケアは 根本から整えることが大切


クレーター肌等のできてしまったニキビ跡を治すことも大切ですが、新たなニキビを繰り返し作らないように、根本となる生活環境を整えることも忘れてはいけません。


特に食事・睡眠・ストレスケアに気をつけていけば、きれいな素肌を保つことができるでしょう。


クレーター肌を隠すためのメイク術3つ


しかし、いくらクレーター跡を治せるといっても、治るまでの間、ボツボツ肌がどうしても気になってしまうという方も多いことでしょう。


そこで、こちらではクレーター肌におすすめのメイク術や、コスメを用いて凹みを自然に目立たなくする上手な隠し方をご紹介します。


1:下地は肌を平らにすることを意識する


クレーター肌で気になるのが肌の凹凸です。この凹凸をどうにかしなければ、上に載せていくメイクがすべて歪んでしまいます。


そんな肌の凹凸を隠すために、ファンデーションの下に載せていく化粧品で、肌の凹凸を上手に隠しましょう。


2:ファンデーションは保湿成分のあるパウダータイプがオススメ


ファンデーションは、なるべくパウダータイプのものを選びましょう。リキッドファンデーションよりもカバー力が高く、保湿成分のあるものを選ぶとツルリとしたツヤ肌に印象づけてくれます。


3:フェイスパウダーでメイク崩れを防ぐ


フェイスパウダーはカバー力を重視したブレストパウダーよりも、ルースパウダーがおすすめです。ふんわりと柔らかな、ナチュラルテイストに仕上がります。


適切なケアでクレーター肌の改善を目指そう


ニキビ跡は、クレーター跡になってしまい悩みの原因となっている方も多いでしょう。


鼻周りのニキビを隠すためのマスクが外せなかったり、ニキビ跡がコンプレックスになっていたりする方もいるのではないでしょうか。


しかし、レーザー治療を用いたり、毎日コツコツと努力することでクレーター肌を理想のお肌に近づけていくことは可能です。


自分でできることを1つずつ実践し、美しい肌を取り戻しましょう。


この記事のウェルネスプロ

おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング