動画
〈実践〉咳が止まらない・痰が絡むときの対処法【整体院ナチュラ】

〈実践〉咳が止まらない・痰が絡むときの対処法【整体院ナチュラ】

この時期になってくると風邪が流行り出したりして、なかなか咳が止まらなくなったり、痰が絡んだりすることが多くなりますね。
咳や痰の役割
まず咳や痰にもちゃんと役割があるのをご存知でしょうか?



咳や痰というのはノド(気道)の中にある異物を分泌物とともに体の外に排出する役割があります。

ですから実は体を守るための生理的な反応(必要な反応)なんですね。

しかし咳や痰が長引いたりしてくるとかえって体に負担がかかることもあります。

例えば咳が長引くとノドの粘膜を傷つけてかえって炎症が強くなったり、強い咳を何度もすることにより場合によっては肋骨の疲労骨折を起こすこともあります。

ですので長引く場合は対処が必要になってきます。
今日はそんな時には咳や痰を改善させるセルフケアになります。


①咳や痰に効くツボ
まず一つ目ですが【尺沢】(しゃくたく)というツボになります。
場所ですが、ヒジを曲げた際に横シワができるかと思います。


この横シワの真ん中に太い筋(上腕二頭筋腱)があるかと思いますが、この筋の外側(親指側)の溝になっているところがツボの場所になります。

ここを1日に2〜3回、1分ほど親指でグッと刺激してあげましょう。


②大椎(だいつい)を温めること
まず大椎の場所ですが、首の後ろで、首を前に倒したときに一番首の下で出っ張っているところです。(詳しくは第7頚椎のすぐ下です。)


ここをドライヤーなどでポカポカしてくるまで温めてみましょう。

ドライヤー以外でも湯たんぽやカイロで同じように温めてもOKです!


③咳が止まらない・痰が絡むときの食べ物
食べ物でいうと、ハチミツやキンカンが効果的です。

ハチミツは殺菌効果や粘膜を保護する役割があります。

キンカンもノドの炎症を抑える価格になります。

また空気が乾燥しないように、加湿器をつけることも大事です^ ^

ということで以上、3つが【実践】咳が止まらない・痰が絡むときの対処法でした!

#咳 #咳が止まらない #咳を止める #痰が絡む #整体院ナチュラ #natura #ウェルネス #健康 #Designme #デザインミー


この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング