動画
股開きEX 股関節改善運動【Personal Body Management】

股開きEX 股関節改善運動【Personal Body Management】

股関節の動きを改善するエクササイズです。




この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈大臀筋トレーニング〉【ACTIVATE GYM】

股関節の前面に痛みが出るような人は、大臀筋が使えずに骨盤が前傾(前に倒れた状態)し、常に股関節が曲がった状態になってしまい痛みが出ていることもよくあります。 骨盤を起こして、股関節を伸ばすためにも大臀筋の働きは重要です。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈股関節外旋筋トレーニング仰向け〉【ACTIVATE GYM】

股関節を外側に開く「外旋」運動は股関節内側のつまり感や痛みと大きく関係します。また外旋筋は股関節の「インナーマッスル」でもあり関節を適切な位置で動かすために重要な役割を果たします。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈股関節外旋筋トレーニング横向き〉【ACTIVATE GYM】

股関節外旋トレーニングの応用編は横向きに寝て行います。横向きに寝ることで外旋運動(脚を開く動き)をする際に、足の重みが抵抗になるため仰向けに寝て外旋運動をする際より外旋筋に負荷がかかってきます。 よく、この状態でゴムチューブを巻いて動かすトレーニングも見かけますが、まずは自分の足の重みでも仰向けと同じような範囲を動かせるようにしましょう。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング 〈股関節外転筋トレーニング〉【ACTIVATE GYM】

股関節の痛みがある人は、ほぼ全員筋力が弱くなっていると言ってもいい股関節外転筋の「中殿筋」この中殿筋が使いづらくなると骨盤が安定せず、片脚での動作が不安定になります。 またこの働きを補うために大腿筋膜張筋などが過剰に働き股関節の痛みにつながりやすくなります。 このトレーニングは病院等でもよく指導されることがありますが、意外と難しく、正確にできていないことが少なくありません。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈痛みの少ない立ち上がり方〉【ACTIVATE GYM】

立ち上がりや座って行く際に、股関節の痛みを感じる人も多く見られます。どのように立ち座りを座ると股関節に負担が少ないかを解説します。 この立ち座りを発展させていくとスクワットのような筋トレにもつながります。 日常の中で意識することで生活がトレーニングになって、股関節の痛みの改善にも効果的なので頑張りましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング