動画
バランスボールで弾もう!① 弾む前の準備と基本姿勢【舞PARK】

バランスボールで弾もう!① 弾む前の準備と基本姿勢【舞PARK】

バランスボールで弾む有酸素運動(バウンス運動)をご紹介しています。関節に負担をかけず程よく運動することができるので、老若男女どなたにもオススメです!
身体に合った大きさのボールがあれば、お子さんにも弾んで頂けます。
ダイエット、姿勢改善、免疫力アップ、むくみ解消などにも効果的です。



#バランスボール#エクササイズ#姿勢#むくみ#免疫力アップ#肩こり解消#舞PARK#笠井舞#Designme#デザインミー#名古屋市緑区#ウェルネス#ハウツー


この記事のウェルネスプロ

舞PARK
名古屋市

同じキーワードを持つ記事


バランスボールで楽に腰痛予防エクササイズ【バランスボールピラティス】

腰痛予防、緩和にバランスボールを使った簡単エクササイズです。腰周り、お腹の奥のインナーマッスル、背中、お尻の筋肉、ハムストリングス、股関節周りの筋肉を効率的に鍛えながら、腰痛予防、緩和をしませんか。産後ママさんにもお勧めの簡単エクササイズです。


バランスボール 基本姿勢〈座り方〉〈自宅トレ〉〈家トレ〉【ReStar】

今日はバランスボールの基本姿勢についてお伝えしてます!


バランスボール 選び方〈ギムニク〉〈健康促進〉【ReStar】

バランスボールの選び方についてです!動画ではギムニクの55cmを使ってます 小さいお子さんからお年寄りまで 年齢問わずにできるのがバランスボールです みなさんも眠ってるバランスボールだして一緒に弾みましょう!


【読み物】寝かしつけ効果抜群!赤ちゃんを抱っこしてバランスボールで弾む方法

バランスボールで弾みながら、赤ちゃんの寝かしつけができるってご存知でしたか? バランスボールインストラクター笠井舞が、赤ちゃんやお子さんを抱っこしながらバランスボールで弾む時のポイントや注意点をお伝えします。


バランスボールで超かんたんサーキットトレーニング【バランスボールピラティス】

バランスボールに座ったままの筋トレと弾みながらの有酸素運動を交互に行うサーキットトレーニングです。バランスボールに座ったまま行うので、体力のない方でも効率よくサーキットトレーニングが行うことができます。代謝をあげやすい下半身の筋肉を意識して動かしましょう。 腰痛予防に体幹を鍛えて、お腹周り、下半身の引き締めや体全体のダイエットにも効果的です。 無理なく行って、回数や弾む時間は体力に合わせて増やしてみてください。呼吸を止めないように、姿勢を意識して行うとさらに効果がアップします。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング