動画
〈捻挫後のパフォーマンスを回復する〉カーフレイズ【ACTIVATE GYM】

〈捻挫後のパフォーマンスを回復する〉カーフレイズ【ACTIVATE GYM】

今回紹介するカーフレイズトレーニングは捻挫後の後遺症が出やすく「ジャンプで高く飛べない」
「スピードが落ちた」
など復帰後にパフォーマンスが上がらない人は、この動きを確認する必要があります。



#StayHome#ACTIVATEGYM#ねんざ#足首#トレーニング#カーフレイズ#静岡県浜松市#アスレティックトレーナー#パーソナルジム#ウェルネス #Designme #デザインミー #ハウツー


この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事


〈捻挫後にこんな歩き方になっていませんか?〉片脚立位のトレーニングと捻挫の後遺症【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に歩き方が「ぎこちない」と感じることはよくあると思います。今回はその「後遺症」と改善方法を解説します。


〈土踏まずを作る〉捻挫後の機能改善タオルギャザー【ACTIVATE GYM】

捻挫後には足の指の動きと足首の動きが上手く強調して動かすことができなくなってしまいます。 タオルギャザーは足の裏の筋肉や足の指を握る筋肉を強化することで足の縦アーチを作ることができます。 握る力を強くするだけでなく、足の位置を変えながら可動域を意識しながらできるとより効果が上がります。


〈足首の柔軟性改善にも繋がる〉前脛骨筋を使った足関節背屈トレーニング 捻挫後のトレーニング【ACTIVATE GYM】

捻挫後のリハビリでもほぼ100%指導される「足関節背屈運動」ですが、意外と間違ったやり方でやっている人を見かけます。 背屈運動は前脛骨筋を使うことが大事ですが、足趾の伸筋を使って行ってしまうと可動域を出すことができません。 捻挫後にはこの「足趾伸筋」を使った動きばかりになってしまい足首が不安定な状態が続いてしまいます。 また足首が硬くて悩んでいる人は、この前脛骨筋が使えないことが多いです。 ストレッチと合わせてこのトレーニングを行うと可動域改善にも役立ちます。


〈足首の捻挫をしたら何をするべきか?〉ねんざの足首のゴムチューブトレーニング【ACTIVATE GYM】

捻挫経験のある選手は、ほぼ全員が自覚していない「機能的な後遺症」が残っています。 後遺症があると地面を蹴れず、スピードも出ずストップ動作もうまくいかないためパフォーマンスは低下し、怪我のリスクが上がります。 そのため正しい処置やリハビリをする必要があります。 改善方法は全身に対してやるべきことがありますが、まずは足首をしっかりと上下に動かさなければならないため、今回は足首のチューブトレーニングを紹介していきます。


体調が悪い時トレーニングは休もう【パーソナルトレーナー 佐々木智史】

トレーニング習慣が定着すると休む事が怖くなり体調が悪い時も無理してしまいがち。体調が悪い時は迷わず休んで、体調回復を最優先しましょう。


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング