動画
引き締まった美尻にする筋トレ法3STEP!お尻の筋トレで得られるメリットとは

引き締まった美尻にする筋トレ法3STEP!お尻の筋トレで得られるメリットとは

引き締まった美尻を手に入れる筋トレの方法を3STEPで詳しくご紹介します。筋トレで代謝がアップし、ボディラインが美しくなるメリットもあります。お尻の筋肉の働きやその重要性、お尻の筋トレで得られるメリットを理解して効果的な筋トレを行いましょう。



お尻の筋トレの重要性


お尻の筋肉は、重力に負けないように姿勢を保つ働きがあるだけではなく、体の不調にも関係しています。


お尻の筋肉は、見た目だけではなく健康にも関わるため、筋トレして鍛えることが重要なのです。


大殿筋を鍛える


お尻の筋肉は、大きく分けて大殿筋・中殿筋・小殿筋で構成されていますが、その中で一番大きいのが大殿筋です。


この大殿筋を鍛えることで、ヒップラインやお尻の見栄えが大きく変わってきます。


引き締まった美尻にする筋トレ法3STEP


たるんだお尻が気になる方はいらっしゃいませんか。今回は引き締まった美尻にするための筋トレ法3STEPで紹介します。


引き締まった美尻に憧れている方、ヒップが気になる方は是非ご覧ください。


STEP1:四つ這いの姿勢を作る


両手と両膝を地面について、四つ這いの状態を作ります。肘はしっかり伸ばし、膝は90度に曲げて、きれいな四つ這いを作りましょう。顔は上げずに地面を向きましょう。


STEP2:左側のお尻を鍛える


四つ這いの姿勢のまま左足を浮かし、ゆっくりと天井側へ足を持ち上げましょう。膝は伸ばさず、四つ這いの状態の曲げた膝を常にキープしながら行います。左側のお尻に力が入っていることを確認しながら足を持ち上げましょう。


足を持ち上げる際には、体が捻じれないように注意し、少しお腹に力を入れるようにして、体を安定させた状態をキープするようにしましょう。お腹は常に地面を向くように意識すると姿勢が安定します。


左側のお尻に力が入っていることを常に確認しながら、10回を目安にこの動きを繰り返し行っていきましょう。


STEP3:右側のお尻を鍛える


左側が10回終わったら、右側も同じように行っていきましょう。右側のお尻に力が入っていることを確認しながら足を持ち上げましょう。体を安定させて、ゆっくりと足を持ち上げていきます。


左側と同様に、10回を目安にこの動きを繰り返し行っていきましょう。


お尻の筋トレで得られるメリット4選


お尻の筋トレで得られるメリットはたくさんあります。ここではその中から4つをご紹介します。


メリットを理解して、より効果的な筋トレを行っていきましょう。


1:姿勢が改善される


立っている時、体が倒れないようにお尻の筋肉が働いています。重力に負けないようにお尻の筋肉で抵抗しているのです。そのため、お尻の筋トレを行うことにより、体を維持し姿勢の改善が期待できるでしょう。


2:脚長効果が得られる


ヒップラインが引き締まることにより、脚長効果が得られます。お尻の筋肉が上がることにより、脚が長く見えるのです。また、ウエストの引き締め効果も期待できることから、後ろから見たシルエットも美しくなるでしょう。


3:下半身が疲れにくくなる


お尻の筋肉は、下半身を動かすときに使われています。歩いたり階段を上ったりする時などに足が疲れやすい人は、お尻の筋肉を鍛えることで足の筋肉の負担を軽減しましょう。それをすることによって、下半身が疲れにくくなるでしょう。


4:基礎代謝がアップする


筋肉は多くのエネルギーを消費するため、筋肉を鍛えることによって基礎代謝もアップします。体の中でも大きな筋肉の1つである大殿筋を鍛えて動かすことにより、基礎代謝アップにつながるのです。


お尻の筋トレを行う時のポイント4つ


効果的な筋トレを行うためには、いくつかのポイントをおさえることが大切です。ここでは、中でも重要な4つのポイントをあげていきます。


1:太腿も鍛える


お尻の筋肉とあわせて、太腿の内側にあるハムストリングスを鍛えるのがポイントです。大殿筋と一緒に鍛えることで、下半身全体が引き締まりきれいなラインを手に入れることが期待できるでしょう。


2:正しいフォームを意識する


お尻の筋肉をしっかりと鍛えるためには、正しいフォームが不可欠です。


重心の置き方が間違っていたり、正しいフォームで筋トレを行わなかったりすると、お尻の筋肉を上手に動かせないでしょう。


3:股関節を柔らかくする


お尻の筋肉をしっかりと使うためには、股関節を動かせていることがとても重要になります。股関節が動かないと脚に負担がかかり、脚が太くなってしまうこともあるので注意が必要です。そのため、筋トレの前にストレッチなどで股関節をよくほぐしておくことが大切です。


4:ストレッチを取り入れる


筋肉を鍛えるだけでなく、筋肉をほぐすストレッチを取り入れることもポイントです。特に股関節にはいろいろな方向に筋肉がついているため、お尻の筋肉では動かない前や内側への動きを行い、可動域を広げるとより効果的でしょう。


お尻の筋トレを続けて美しいボディラインを手に入れよう


お尻の筋トレの方法やそのメリットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。間違ったやり方では、汗水垂らして励んだトレーニングも逆効果になってしまいます。


正しい方法を知ってより効果的な筋トレを行い、美しいボディラインを手に入れましょう。


この記事のウェルネスプロ

下半身ダイエット専門サロンDAYM
浜松市

同じキーワードを持つ記事


お尻の筋肉を鍛えるトレーニング3種|トレーニングの効果を高める方法も解説

お尻の筋肉は複雑に関係しあっていますので、じっくりと時間をかけながら筋トレをすることが大切です。お尻の筋トレをすることで全身の代謝が上がったり、ヒップアップできたりするでしょう。本記事では、お尻の筋肉を鍛えるトレーニング3種を紹介していきます。



下半身を引き締める片足スクワットのやり方2STEP |注意点やコツも解説

片足スクワットとは、ブルガリアンスクワットとも呼ばれる、両足スクワットより高い負荷と効果が期待できるトレーニングのことです。この記事では、片足スクワットのやり方や注意点、コツについてご紹介します。注意点やコツを押さえ、引き締まった下半身を手に入れましょう。




おすすめの動画&記事



ReBOUP_inf










アクセスランキング


>>総合人気ランキング