動画
ポッコリ出たお腹をスッキリ凹ませるために腹筋は間違い!エクササイズするならこれ!【ショータ〈ボディメイクチャンネル〉】

ポッコリ出たお腹をスッキリ凹ませるために腹筋は間違い!エクササイズするならこれ!【ショータ〈ボディメイクチャンネル〉】

ポッコリ出たお腹をスッキリ凹ませるために、腹筋運動が間違いである理由と、正しいお腹痩せのエクササイズについて解説しました!



#ポッコリお腹に腹筋は間違い #ポッコリお腹をスッキリ凹ませる #エクササイズ #ボディメイク #ショータ #ウェルネス #デザインミー #Designme


この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事



冷え性改善ガードルについて【しゅはら鍼灸整骨院】

冷え性改善対策その3としてガードルについてお話しさせいただきます。女性の方でガードルをはかれる方が多くおられますが、ガードルは脚の付け根を圧迫してしまいます。 脚の付け根には、血管、リンパがあり、その血管、リンパを圧迫することにより、血液やリンパの流れが悪くなります。 それが冷え性・むくみ・脚のだるさ・身体の代謝低下をおこしてしまします。 お腹周りを保温することは大切ですが、圧迫のない、腹巻きなどが身体の健康にとってはいいですね! 温かい季節でも睡眠中や自宅にいる時は圧迫しない「腹巻き」をお勧めします。 当院では、冷え性対策として、長年の研究、実験の結果、探し出したオーガニックコットンの腹巻き付きパンツをおすすめしています。 今日から、血管・リンパを押さえつけるガードルから、圧迫しない腹巻きに替えて、冷え性・むくみを解消しましょう! 動画をご覧になって、役に立った!わかりやすかった!そんなときはぜひあなたの周りにもこの動画を教えてあげてくださいね。



バランスボールで超かんたんサーキットトレーニング【バランスボールピラティス】

バランスボールに座ったままの筋トレと弾みながらの有酸素運動を交互に行うサーキットトレーニングです。バランスボールに座ったまま行うので、体力のない方でも効率よくサーキットトレーニングが行うことができます。代謝をあげやすい下半身の筋肉を意識して動かしましょう。 腰痛予防に体幹を鍛えて、お腹周り、下半身の引き締めや体全体のダイエットにも効果的です。 無理なく行って、回数や弾む時間は体力に合わせて増やしてみてください。呼吸を止めないように、姿勢を意識して行うとさらに効果がアップします。


〈自宅で簡単!〉おなか引き締めエクササイズ【NextR】

女性や運動初心者・シニアが自宅で気軽に取り組めるエクササイズ動画です。


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング