動画
体調不良の時に筋トレは休むべき?無理をして行うとなること2つ

体調不良の時に筋トレは休むべき?無理をして行うとなること2つ

体調不良の時に、筋トレは休んだ方がいいのでしょうか。この記事では体調不良の時にトレーニングをするか否かの判断や、休んだ方が良い理由などを解説しています。体調不良時の筋トレによって、かえって体力を後退させるケースについても説明しています。



体調不良のときに筋トレをしてよいか判断する基準とは


トレーニングを始めると、体調不良の時に筋トレをする方がいいか、やめておくべきか迷ってしまうことがあります。休みことでせっかく鍛えた体が元に戻ってしまうのではないかという心配する方もいるでしょう。


それではトレーニングをしてよいか判断する基準について解説していきます。


ネックルール


ネックルールというのは、体調不良の時に、トレーニングをしてよいか判断をする基準のことです。首から上に症状がある場合は筋トレをしても大丈夫、首から下に症状がある場合は休む判断をします。


首から上の症状とは、くしゃみ、鼻づまり、喉が痛い、微熱程度の熱があるといった首から上の風邪の症状を指します。この場合に筋トレをして良いと判断しても、軽いトレーニングに留め、激しい運動や高負荷の筋トレは控えるようにしましょう。


首から下の症状とは、胃腸などお腹の調子が悪い、全身に倦怠感があるときなどです。このような時は筋トレを控えて、体を休めることを最優先にしましょう。


筋トレをする場合の注意点


ウイルスに感染している時にトレーニングをすると、心臓の炎症を悪化させてしまう可能性が高くなると言われています。


胸部鬱血による吐き気や胸部の圧迫感があるとき、痰が混じった咳のような症状がある、また下痢のときも、筋トレは控えるべきです。


ネックルールに従って筋トレをすることを選択した場合は、軽めの運動にしてください。症状と運動の両方の回復に、たくさんのエネルギーが必要となり、症状の悪化が懸念されるからです。


筋トレ中は、こまめに水分補給をして、症状の悪化を感じたらすぐに運動は中止しましょう。また他人にうつしてしまう可能性があるので、ジムなどには行かないようにしてください。


筋トレして体力がつく仕組み


運動を始めると、多少体調が悪くてもトレーニングをしてしまったり、ジムに行ってしまったりする方がいます。トレーニングを休むと、体力が後退してしまうのではないかと思ってしまう方も多くいます。


しかし筋トレによって体力をつけるしくみを理解すると、体調不良の時に無理をして筋トレをするのは、逆効果であるということがわかります。これからその理由を説明していきます。


筋トレや運動は一時的に免疫機能を下げる


トレーニングや運動は、一時的に体の免疫機能を下げます。


例えば筋トレをすると、風邪を引きやすくなるとされています。この理由もトレーニングによって一時的に免疫力が下がるからです。激しいトレーニングをするアスリートも、風邪を引きやすいと言われています。


下がった状態から休憩を挟み上がることで体力がつく


トレーニングによって免疫力が下がった状態から、休憩をはさむことで免疫機能が上がります。その時に、以前よりも免疫力が上がって強い体になったり、体力がついたりします。


体調不良の状態で無理して筋トレや運動をすると?


風邪などの体調不良の状態で、無理して筋トレなどの運動をすると、どうなるでしょうか。


体調不良で免疫力が下がっている状態に加えて、筋トレでさらに免疫力を下げてしまうことになります。従って症状の悪化を招くケースもあります。


ズルズルと体調不良の期間が続く


体調不良による免疫力低下と、筋トレによる免疫力低下から、体を回復させるには、多くのエネルギーが必要です。


体調不良は、休息が必要だという体からのサインです。体調不良の時にトレーニングを強行すると、風邪をこじらせたり、仕事を休むレベルの体調不良を引き起こしたりする場合が多くあります。


結果、ズルズルと体調不良の期間が長引くことになります。


今までのトレーニングの効果がなくなる可能性も


体がしんどいときにトレーニングをして、一定期間回復しない状態が続いてしまい、今までに獲得したトレーニング効果がなくなってしまう可能性もあります。


無理をしたばかりに、かえって結果が後退してしまうのです。


きっちりと休んで早く回復するのが賢い


体調不良の時は、きっちりと休んで早く回復するのが賢い選択です。


長期間マイナスになるよりも、短期間休息して早く回復するほうが、結果として体力アップの近道になります。


日頃から体調をキープしてトレーニングを行うことを考えて生活していくのが、体力をつける最短距離です。


体調不良が治った後の筋トレ再開のタイミングは?


体調不良が回復した後の、筋トレ再開のタイミングはいつがいいのでしょうか。一般的には、症状が完全に治まってから再開するのが良いとされています。


万全でない状態で再開すると、体を痛めてしまったり、余計に体調を悪化させてしまったりする場合があります。


長く休むとせっかく鍛えた体が後退してしまうと心配になるかもしれません。しかし、きちんと体を休める期間を作ってあげる方が、体力の回復が早く、トレーニングの効果を上げる近道になります。


体調不良の時は無理をせず回復に努めよう


筋トレは免疫力を上げ、体力アップの効果があります。しかし体調不良の時に無理してトレーニングをしてしまうと、かえって免疫力を下げ、体の回復を遅らせてしまうケースがあります。


体調不良で免疫力が下がっていると、普段より外の菌の影響を受けやすくなっており、症状が悪化する可能性も高くなります。


体調不良の時は無理をせず、症状の回復に努めてください。早めにしっかり睡眠を取って体を休め、一日も早く体力を回復させることが大切です。


この記事のウェルネスプロ

おすすめの動画&記事



ReBOUP_inf
整肌科学研究所_inf


アタムアカデミー_inf
株式会社AIJ_inf


アニス_inf
源式整体院 AYUMU_inf


薬糧開発_inf
リンベル株式会社_inf


東京リエイチ整体アカデミー_inf
鳥取ダイハツ販売株式会社_inf


ボロライディング_inf
株式会社アサヒ緑健_inf


エムマーケティング_inf


フクプランニング_inf


ヒガシ矢部駅前整骨院_inf


株式会社カンパネラ_inf

アクセスランキング


>>総合人気ランキング