動画
試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

サーブは試合をする上で一番最初に打つショットとなります。そのため、これが入らないと試合を開始することができませんので高確率であることが求められます。



今回は一番簡単なサーブの打ち方を説明します。
まず持ち方はフォアハンドのように持ってもらうと簡単です。
ですがサーブに慣れてきたらだんだんと持ち方を変えていきましょう。それはショットのバリエーションや威力を出すためです。
あとは自分でボールを上に投げて打つだけ。
最初は近いところからだんだん遠くにしていくと距離感がわかり加減できると思います。
テニスのサーブは斜めの四角を狙って打ちます。これによって試合をすることが可能になりますね。
最初にも言った通り、これが入らないと試合をすることができないのでまずは確率重視でやってみてください。

#テニス #サーブの基本#サーブの練習#UNNOSTRAWBERRYTENNIS#静岡 #初心者向け#テニス初心者練習方法#楽しい #上達 #ウンノストロベリー #デザインミー #Designme#ハウツー#ウェルネス


この記事のウェルネスプロ

UNNO STRAWBERRY TENNIS
静岡県静岡市駿河区

同じキーワードを持つ記事




利き手側じゃない方・バックハンド【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

バックハンドは利き手の反対側にきたボールを打つ際に使います。持ち方は利き手の反対でラケットを拾い、その持ち方のまま利き手も握ります。 あとはフォアハンドと同じように後ろに引き、前に出す、という動作をしてあげれば簡単に打つことが可能です。 フォアハンドとの大きな違いは両手で持つことで、自由度が奪われる反面安定感がある点です。 そのためフォアハンドで攻撃、バックハンドで安定したショットを目指すといいかもしれませんね。 ぜひ両方の利点を生かしてテニスを楽しんでみてください。


最初に覚える打ち方・利き手側で打つフォアハンド【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスをやり始めて最初に覚えると言っても過言ではないのが利き手側で打つフォアハンドというもの。フォアハンドは利き手でラケットを拾うようにして持ち、そのグリップの持ち方でボールを打つと非常に楽だと思います。 あとは打つ際にはラケットを後ろに引き、前に出す、打ち終わりには肩まで持ってくるという動作。 これをやれば簡単に打つことができます。


テニスをやるために揃えておくといい道具【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスを始めるにあたって必要な道具はいくつかあります。皆さんが気になるのはその恰好だと思いますのでその説明をさせていただきます。


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング