動画
寝ながらできる猫背矯正ストレッチ3STEP|猫背チェック法も紹介

寝ながらできる猫背矯正ストレッチ3STEP|猫背チェック法も紹介

寝ながらできる猫背矯正ストレッチは、3STEPあります。猫背は、スマホやパソコンの長時間利用で起こる巻き肩が原因となっていることが多いです。今回は、猫背のチェック方法や、自宅で誰でも簡単にできる、猫背矯正ストレッチのやり方について解説していきます。



猫背チェック法


猫背は見た目の印象に影響するだけでなく、肩が凝るなど体のいろいろなところに不調をきたす可能性があります。まずは、自宅で簡単にできる猫背チェック法について紹介していきます。


壁に背中とかかとをくっつける


壁を使用して猫背かどうかをチェックしましょう。まず、壁に背を向けた状態でまっすぐに立ち、かかとと背中を壁につけます。このとき、背筋はきちんと伸びた状態であることが重要です。


5点が壁についているかチェックする


次に、後頭部・左右の肩・お尻・かかとの5点が壁についているかを確認します。5点全てが壁についていれば、正しい姿勢が取れているため、猫背の心配はないと言えるでしょう。



ただし、どれか1つでもついていないときは、猫背の可能性があります。その場合は、今回お伝えする猫背矯正ストレッチの3STEPを取り入れてみましょう。


猫背になる原因


猫背になる原因は、主に前側の筋肉が短くなったことが考えらます。



デスクワークや書きものなどで、手や肩を内側に入れながら作業を続けると、前側の筋肉が短くなったまま固まってしまいます。巻き肩と言われる状態です。



筋肉が凝り固まることで外側に開きにくくなり、猫背になってしまうのです。


寝ながらできる猫背矯正ストレッチ3STEP


ここからは、自宅で寝ながら簡単にできる猫背矯正ストレッチの3STEPを紹介していきます。猫背矯正ストレッチは、自宅で誰でも簡単に取り組むことができます。



猫背矯正ストレッチをする時には、一気に伸ばそうとせず、息を吐きながらゆっくりと伸ばして息を吐いた後に、もう1度深く息を吸って更に伸ばすようにすると効果を得やすいでしょう。


1:折りたたんだバスタオルの上に寝る


まずは、バスタオルを雑誌サイズくらいの長方形に折り畳みます。次に、折りたたんだタオルをベッドや床などの平たいところに置き、タオルが背中の上部にあたるようにして仰向けに寝ましょう。



折りたたんだバスタオルの上に寝てするストレッチは、ストレッチャーのように腰が沈み込まないよう、固めの場所で行うことをおすすめします。


2:左手をあげて両膝を右に倒す


次に、仰向けの状態で左腕を斜め45度の角度で上げましょう。両膝は曲げた状態で立てておいてください。



次に、左腕を上げたまま、両膝をねじって少しずつ右側に倒していきます。左胸が伸びているのを感じたら、両膝を完全に倒し、その状態を20秒間キープします。


3:右手をあげて両膝を左に倒す


右側も、左側と同じ手順で取り組みます。まずは、仰向けの状態で右腕を斜め45度の角度で上げましょう。



そして、右腕はそのままの状態で両膝を少しずつ左側に倒し、体をねじっていきます。両膝を完全に倒したら、その状態を20秒間キープしましょう。


猫背矯正のために普段の姿勢を見直そう


猫背を改善するためには、猫背の原因となる普段の姿勢を見直してみることも重要です。



最後に、「椅子に座るとき」や「スマホを使うとき」の正しい姿勢について解説していきます。注意点を意識して、普段の姿勢を改善していきましょう。


椅子に座るときの姿勢


椅子に座るときは、深く腰掛けて顎を引くように気をつけましょう。こうすることで、背筋がピンと伸びるようになります。



このときの椅子の高さは、曲げた膝が股関節と同じ高さにあるか、わずかに高いくらいがちょうど良いです。机と椅子の間が広すぎたり狭すぎても姿勢が崩れてしまうため、適切な位置になるように調節しましょう。


スマホを使うときの姿勢


1日の中で、スマホを使用している時間がかなりの割合を占めている人も多いのではないでしょうか。最近は、長時間悪い姿勢でスマホを使用することが原因で起こるスマホ首(ストレートネック)も増えてきています。



スマホ首や猫背を改善するためには、スマホを使う時に「前かがみにならないこと」と「画面を目の高さまで上げること」の2点に気をつけましょう。


寝ながらできる簡単ストレッチで猫背矯正しよう


猫背により体の不調に悩まされているという方は、就寝前などにぜひご紹介したストレッチ3STEPを取り入れて、体をほぐす習慣をつけてみてください。ストレッチをやったまま眠りについてしまうと身体に負担がかかるため、その点は注意しましょう。



寝ながらできる簡単な猫背矯正ストレッチを毎日の生活に取り入れて、猫背の改善を目指しましょう。


この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事




~腰痛や骨盤のゆがみにおすすめのお尻のストレッチ~ 【骨盤美人体操】

今回のストレッチは仰向けに寝た状態でおこなえる、らくらくストレッチです。毎日おこなって頂くことで腰痛予防にもつながります。 反動をつけずにじんわりと息を吐きながら、リラックスしてくださいね。 太ももの裏からお尻にかけて心地よくストレッチしていくことで、骨盤のゆがみの解消や腰痛の緩和が期待できると思います。


産後の腰痛改善予防ストレッチ【健康美ラインエクササイズトレーナー紗加】

寝ながらできる産後の腰痛改善予防ストレッチを紹介します。現在、私は産後9ヵ月になりました。末っ子を抱きながら上の子2人のことを含めドタバタな毎日を送っています。 無理をしてしまうことも多く腰痛が出てしまうこともよくあります。  痛みが強い人は整体や病院が必要になってしまうこともあると思います。 産後の腰痛の原因は ・妊娠、出産時による腰そのもののダメージ ・出産後の筋力の衰え ・腹筋に力が入りにくく腰に負担がかかってしまう ・授乳、ミルク、オムツ替え、抱っこや家事など無理な体勢が続き腰に負担がかかってしまう などがあげられます。 今回は寝ながらできる産後の腰痛ケア! 私も末っ子の横でやっていまして改善してきました。 忙しい毎日だと思いますが体のケアはとても大切です。 まずはほぐすことから始めてみましょう。


腰痛体操~寝ながらできる簡単腰痛予防~【京都伏見の整体・整骨院 たなごころ整骨治療院】

腰痛でお困りの方、腰痛を予防したい方にオススメの基本的な腰痛体操です。痛みの出ない範囲で行ってください。 特に、朝起きた時に腰が痛い人は、夜寝る前と、朝起き上がる前に、寝転んだ時に一通り行ってください。 毎日続けてもらうと腰痛が軽減するはずです。


おすすめの動画&記事



トーカイコミュニケーションズ_1_inf


トーカイコミュニケーションズ_2_inf


トーカイコミュニケーションズ_3_inf


トーカイコミュニケーションズ_4_inf







アクセスランキング


>>総合人気ランキング