動画
〈これができないのに復帰するのは危険〉捻挫後に復帰する前のチェック項目【ACTIVATE GYM】

〈これができないのに復帰するのは危険〉捻挫後に復帰する前のチェック項目【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に、痛みが消えてある程度動けるようになってきたらすぐに練習に戻りたくなりますが、実際に練習に復帰すると

チームメートに「なんか走り方がおかしいよ」と言われたり
動いていても自分で違和感を感じたり、
踏ん張りきれないなど、100%の状態に戻りきていないことがほとんどです。

復帰する前には今回動画で紹介するような動作を確認してみましょう。
これができていなければ実際のスポーツ動作でのパフォーマンスも上がらないですし、捻挫を繰り返したり、ひどい場合には膝の靭帯を切ってしまうなんてことも・・・

必ず復帰前に動作を確認してできていなければ、以前紹介したような股関節のトレーニングやスクワットなどのトレーニングをしっかり行いましょう。




この記事のウェルネスプロ

同じキーワードを持つ記事


〈捻挫後リハビリ〉捻挫後に使えなくなる筋肉とは?【ACTIVATE GYM】

捻挫後に「痛みはよくなったけれどいまいち動きづらい」 ということはよくあると思います。 足首をかばうことで、ある重要な部分の機能が落ちてしまいます。 この動画では捻挫後によくあるこの後遺症について対策を解説しています。


〈土踏まずを作る〉捻挫後の機能改善タオルギャザー【ACTIVATE GYM】

捻挫後には足の指の動きと足首の動きが上手く強調して動かすことができなくなってしまいます。 タオルギャザーは足の裏の筋肉や足の指を握る筋肉を強化することで足の縦アーチを作ることができます。 握る力を強くするだけでなく、足の位置を変えながら可動域を意識しながらできるとより効果が上がります。


〈捻挫後にこんな歩き方になっていませんか?〉片脚立位のトレーニングと捻挫の後遺症【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に歩き方が「ぎこちない」と感じることはよくあると思います。今回はその「後遺症」と改善方法を解説します。


〈足首の柔軟性改善にも繋がる〉前脛骨筋を使った足関節背屈トレーニング 捻挫後のトレーニング【ACTIVATE GYM】

捻挫後のリハビリでもほぼ100%指導される「足関節背屈運動」ですが、意外と間違ったやり方でやっている人を見かけます。 背屈運動は前脛骨筋を使うことが大事ですが、足趾の伸筋を使って行ってしまうと可動域を出すことができません。 捻挫後にはこの「足趾伸筋」を使った動きばかりになってしまい足首が不安定な状態が続いてしまいます。 また足首が硬くて悩んでいる人は、この前脛骨筋が使えないことが多いです。 ストレッチと合わせてこのトレーニングを行うと可動域改善にも役立ちます。



おすすめの動画&記事



ReBOUP_inf
整肌科学研究所_inf


アタムアカデミー_inf
株式会社AIJ_inf


アニス_inf
源式整体院 AYUMU_inf


薬糧開発_inf
リンベル株式会社_inf


東京リエイチ整体アカデミー_inf
鳥取ダイハツ販売株式会社_inf


ボロライディング_inf
株式会社アサヒ緑健_inf


エムマーケティング_inf


フクプランニング_inf


ヒガシ矢部駅前整骨院_inf


株式会社カンパネラ_inf

アクセスランキング


>>総合人気ランキング