動画
〈休職〉予兆 プライベートも?!【休職復活研究所】

〈休職〉予兆 プライベートも?!【休職復活研究所】



休職コンサルタントの矢部です。
《休職復活研究所TV》 
ぜひ、お気に入りチャネルへ登録してもらえると嬉しいです!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらも見てみてくださいね。
特典動画やYoutubeからは見られない動画も収録してます

《休職復活研究所》
https://kyu-syoku.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のテーマは、
【予兆 プライベートも?!】
です。

厚生労働省の調べによると、H29年の調査において、パワハラやセクハラを含む職場の人間関係をストレスに感じていると答えた人は、約3割という調査結果がでています。

一方で、H9年を見てみると、人間関係でのストレスを感じると答えた人は、約5割となっています。

この2割の減少は、職場にメンタルヘルス教育が普及してきた結果が如実に反映されていると推測しますが、
それでも、約3割の人は、人間関係へのストレスを感じている、というのが実態です。

では、人間関係のストレスを軽減するには?!

動画をご覧ください。

略歴)
適応障害、自律神経失調症、うつ症状、睡眠障害の疾患をもつ。
大学院卒業後、
某大手電機メーカーでエンジニアとして働き現在職歴18年目。
希望の大学へ入学し、希望の会社に入社し、結婚もし、家も買い、
順風満帆の生活を送ってきた。
しかし、2017年6月のある朝、突然会社に行けなくなる。
病院では、「適応障害」と診断され、休職命令発動。
約4か月の休職を余儀なくされる。

休職初期、妻からは、「脳がおかしいんじゃないの?」と言われるくらい、
会話もままならず、
口から言葉を発することに数秒かかるような状態を経験。

また、症状は体にもあらわれ、
2度ほど救急車で運ばれることを経験。

周りの目が気になって外へも出られなくなり、
通院以外は1日中家の中だけでの生活を続ける。

自分の会社人として、人間としての将来への不安が募り、
自分を責めに責め、悩み、先の道筋がまったく見えない、
暗中模索のどん底の日々を過ごす。

しかし、家族はじめ、周りの方々の暖かいサポートもあり、
徐々に自分らしさと自信を取り戻し、会社に復帰。
だんだんと仕事のペースを上げていき、通常に業務もこなしていたが、
2019年4月あたりから、今度は睡眠障害が出て、毎晩眠れない日が続く。
そのため、必然的に朝の体調が優れず会社を休みがちに。

病院では、自律神経失調症、うつ状態、睡眠障害と
障害オンパレードな状況となってしまい、
不本意ながら、2019年7月から現時点(2020年1月)、2度目の休職中。
しかし、
1度目の休職時、自分の人生観レベルで考え悩み苦しんだおかげで、
今では、1度目ほど気負うことなく、相変わらず先が見えない中でも、
1日でも早く復職し、休んだ分を会社に恩返しができるよう、
リラックス生活を努めている。

休職を利用して、平日開催のセミナーや講演等に顔を出し、
会社以外でのコミュニティ作りを楽しんだり、
また、平日にしか行けないような場所や、
平日のお得感を狙った旅行に行くなど、休職ライフを満喫している

心に病を抱え、休職を余儀なくされた人でも、
僕のように休職ライフを満喫し、ゆっくりなペースで良いので、
自分らしい生活を送っていけることを願っている。

そして、
休職という体験を通し、自分が感じたことや心持ち、過ごし方等、
今の自分が、過去の自分に言ってあげられることがあるとすれば、
何だろう・・・と考えたとき、
それを、同じように苦しんでいる人たちへ伝えたいと思うようになり、
2019年11月、自らの肩書を ”休職コンサルタント” とし、
休職復活研究所というWebサイトとこのYoububeチャネルを立ち上げた。

大切にしたい言葉は、
「笑顔で、自分らしく、自信をもって」

◆保有資格
 ◆メンタルヘルスマネジメントケア検定Ⅲ種
 ◆JADP認定メンタル心理カウンセラー
 ◆櫻井秀勲先生公認 実践読書会リーディングマイスター
 ◆マツダミヒロ公認 魔法の質問読書会認定ファシリテーター

◆経歴
 1977年 静岡県生まれ
 2002年 筑波大学大学院卒業
  同年 某大手電機メーカーへ就職。
 既婚、神奈川県川崎市在住
 趣味:旅行(国内、海外問わず)、読書、御朱印集め、
    お城廻り、ポケモンGO

#人間関係 #メンタルヘルス #心理カウンセラー #ウェルネス #デザインミー #健康 #Designme


この記事のウェルネスプロ

休職コンサルタント
神奈川県川崎市宮前区

同じキーワードを持つ記事


〈休職〉予兆 への気付き【休職復活研究所】


〈休職〉予兆 人間関係にうんざり【休職復活研究所】

今回のテーマは、【予兆に気付こう(人間関係編)】 です。 厚生労働省の調べによると、H29年の調査において、パワハラやセクハラを含む職場の人間関係をストレスに感じていると答えた人は、約3割という調査結果がでています。 一方で、H9年を見てみると、人間関係でのストレスを感じると答えた人は、約5割となっています。 この2割の減少は、職場にメンタルヘルス教育が普及してきた結果が如実に反映されていると推測しますが、 それでも、約3割の人は、人間関係へのストレスを感じている、というのが実態です。 では、人間関係のストレスを軽減するには?! 動画をご覧ください。


〈休職〉ストレスへの対処 #メンタルヘルス #心理カウンセラー【休職復活研究所】

今回のテーマは、【ストレスへの対処について考えてみよう】 です。 ストレス、ストレス、とよく言いますね。 ストレスとは歪のことです。その歪を与えているものを、ストレッサーと言います。 ストレッサーには ◆物理的ストレッサー ◆化学的ストレッサー ◆心理・社会的ストレッサー の3つがあり、普段、僕たちがストレス、ストレス、と言っているものは、 ◆心理・社会的ストレッサー から誘発されるストレスのことを言います。 そして、このストレスが、心の病を引き起こす要因となるわけです。 ストレスを受けているかどうか、また、ストレスをため込んでいるかどうかは、案外自分ではわかりません。 最近では、職場も社員の「こころ」に注目するようになり、メンタルヘルス教育を行っている会社も多いのではないでしょうか。しかし、この教育は、定点観測です。 ストレスの受け具合いは、上がったり下がったり、日々変わるものなので、不安があれば、産業医に相談してみるなり、精神科、心療内科を早めに紹介してもらうなりしてください。 ストレスは目に見えないだけあって、進行が進むと手遅れ(元に戻るまでに時間を要したり、うつ病を発症してしまう)になるので、早めに病院を受診されることをお勧めします。 それでは、動画をご覧ください。


〈休職〉予兆 眠れない!#メンタルヘルス # 心理カウンセラー【休職復活研究所】

今回のテーマは、【予兆に気付こう(睡眠編)】 今回は、睡眠に関する予兆についてお伝えします。 睡眠については、すごく深い話になるので、ここでは、 そんなに深い話はしていません。 深い話は、別の機会に、数回に分けてお伝えしようと思っています。 では今回何をお伝えするかというと、睡眠でこんな症状が起こるとストレスに侵されている予兆だと思った方が良いですよ、ということを、自分の経験からお伝えしようと思います。 それが、ズバリ、  ◆数日にわたって眠れない  ◆寝つきが悪い  ◆中途覚醒がひどい の3点です。 それでは、動画をご覧ください。


〈休職〉予兆!? 体の異変がストレスによるメンタル不調の合図?#メンタルヘルス #心理カウンセラー【休職復活研究所】

今回のテーマは、【予兆!? 体の異変がストレスによるメンタル不調の合図?】 です。


おすすめの動画&記事


〈休職〉予兆 への気付き【休職復活研究所】

2020年10月09日 公開
神奈川県川崎市宮前区
休職復活研究所











アクセスランキング


>>総合人気ランキング