動画
キッズから学ぶ1からのトスアップ練習【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

キッズから学ぶ1からのトスアップ練習【UNNO STRAWBERRY TENNIS】



テニスにおいて一番難しいと思われるものがサーブのトスアップです。サーブは本来、相手に関係なく自分でボールを上げて自分で打つため一番簡単なように思えますが、テニススクールやテニスクラブでの練習ではその動作を中心に行われることがあまりありません。
それは自分で練習できることも一つの要因が背景にあります。
そのうちのトスアップは家でもできるのでやってみましょう。

ラケットは利き手ですので、利き手ではないほうを使うためコントロールが難しくジュニアやキッズでは難所の一つですが、ちょっとしたコツをつかむことで簡単に上がるようになります。
トスアップという以上は投げる動作は必要ありません。腕を上下に動かす中でボールを放せばいいだけです。あとはどこでで放せばいいか何度かやって場所を覚えます。
これだけで安定して上げられるので頑張って修得しましょう。

■自己紹介
ウンノストロベリーテニスと申します。

テニスを楽しく、みんなと仲良く、さらに上達することを掲げ、子供から初心者、上級者まで納得いくレッスンを目指しています。テニスに少しでも興味や関心を持っていただけると幸いです。

またやってみたいと思ったらぜひ一度足を運んでみてください。
やってよかったと思っていただけるようサポートいたします。
http://ust2002.web.fc2.com/

#テニス #トスアップ練習#サーブの基本#キッズテニス#UNNOSTRAWBERRYTENNIS#静岡 #初心者向け#テニス初心者練習方法#楽しい #上達 #ウンノストロベリー #デザインミー #Designme#ハウツー#ウェルネス


この記事のウェルネスプロ

UNNO STRAWBERRY TENNIS
静岡県静岡市駿河区

同じキーワードを持つ記事


試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

サーブは試合をする上で一番最初に打つショットとなります。そのため、これが入らないと試合を開始することができませんので高確率であることが求められます。


利き手側じゃない方・バックハンド【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

バックハンドは利き手の反対側にきたボールを打つ際に使います。持ち方は利き手の反対でラケットを拾い、その持ち方のまま利き手も握ります。 あとはフォアハンドと同じように後ろに引き、前に出す、という動作をしてあげれば簡単に打つことが可能です。 フォアハンドとの大きな違いは両手で持つことで、自由度が奪われる反面安定感がある点です。 そのためフォアハンドで攻撃、バックハンドで安定したショットを目指すといいかもしれませんね。 ぜひ両方の利点を生かしてテニスを楽しんでみてください。


最初に覚える打ち方・利き手側で打つフォアハンド【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスをやり始めて最初に覚えると言っても過言ではないのが利き手側で打つフォアハンドというもの。フォアハンドは利き手でラケットを拾うようにして持ち、そのグリップの持ち方でボールを打つと非常に楽だと思います。 あとは打つ際にはラケットを後ろに引き、前に出す、打ち終わりには肩まで持ってくるという動作。 これをやれば簡単に打つことができます。


テニスをやるために揃えておくといい道具【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスを始めるにあたって必要な道具はいくつかあります。皆さんが気になるのはその恰好だと思いますのでその説明をさせていただきます。


ストリンギング~テニスラケット面を仕上げる工程~【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

テニスのストリングス(張ってある糸)のストリンギング動画です。


おすすめの動画&記事


試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

2020年08月08日 公開
静岡県静岡市駿河区
柴山 哲也











アクセスランキング


>>総合人気ランキング