動画
熱中症の原因、おこりやすい状況【しゅはら鍼灸整骨院】

熱中症の原因、おこりやすい状況【しゅはら鍼灸整骨院】



熱中症がおこりやすい状況としては、気温が高い
湿度が高い(75パーセント以上)
風が弱いまたは無い
運動や労働で体が熱くなっている時(体温が37度以上)
急に気温が上って、体が暑さになれていない時
などは要注意です。
体温よりも気温が低ければ、皮膚から空気中へ熱が移りやすく、体温の上昇を抑えることができる。また、湿度が低ければ汗をかくことで熱が奪われ、体温を上手にコントロールすることができる。

しかし、気温が体温より高くなると、空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけに頼ることになる。ところが真夏日によくあるように、気温が高いばかりでなく、湿度も75%以上になると、汗をかいても流れ落ちるばかりでほとんどほとんど蒸発しなくなる。そのため、発汗による体温調節すら事実上できなくなってしまうのだ。

体温が37℃を超えると皮膚の血管が拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとします。しかし、このとき体温がさらに上昇し、発汗などによって体の水分量が極端に減ると、今度は心臓や脳を守るために血管が収縮しはじめる。つまり、ここでも熱が放出できなくなってしまうのです。

熱中症は、こうして体温を調整する機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇してしまう機能障害です。実は、炎天下ばかりでなく、室内で静かに過ごしていても起こり得るのです。実際、高齢者が室内で熱中症になって倒れているのを発見されるというケースも少なくありません。


京都府亀岡市 しゅはら鍼灸整骨院 院長
鍼灸師 柔道整復師 疲労回復整体認定院

あなたが今の辛い状態から一日も早く回復され笑顔になっていただきたい。
その笑顔が広がり世界平和につながると信じています。

ホームページはこちらです(^^)
https://www.niconico-smile.com

#しゅはら鍼灸整骨院#熱中症#対策#予防#京都府亀岡市 #Designme #デザインミー #ウェルネス#健康#主原一朗


この記事のウェルネスプロ

しゅはら鍼灸整骨院
京都府亀岡市

おすすめの動画&記事



トーカイコミュニケーションズ_1_inf


トーカイコミュニケーションズ_2_inf


トーカイコミュニケーションズ_3_inf


トーカイコミュニケーションズ_4_inf







アクセスランキング


>>総合人気ランキング