自然欠乏症候群

自然欠乏症候群に関する記事




自然と共に生きるin日月倶楽部~いけばなとブッシュクラフト~

華道家辻雄貴氏とブッシュクラフトインストラクター福山欣晃氏初コラボ!! 辻氏のいけばなと福山氏のブッシュクラフトは一見かけ離れたものと思われますが、その場にある自然を活かし、辻氏は日本伝統の生け花、福山氏は自然の中にある物で生活に必要な道具類を作成、生活するという分野は違いますがコンセプトは同じことから、秋の日月倶楽部の自然をいけばなとブッシュクラフトの両面からお客様に堪能していただきたいと考えています。また、ワークショップではお2人の統一感を出し、1日目に材料となる木を探すところから参加者の皆様と始め、より自然から命をいただくということへの思い、自然の畏敬の念を感じて、その後のワークショップへと繋げていきます。


自分の中で「生きる」を感じるブッシュクラフト体験プログラム

「ブッシュクラフトって何?」 自然環境の中でその状況を利用し、時にはその場にある素材で必要な道具を作りながら、より快適に過ごしていくための知識や技術になります。古くからある生活の知恵、生活そのものを言ってみればブッシュクラフトです。必然的に自然環境に感覚を合わせなければならないことになります。最近ではより自然を身近に感じるためのエッセンスとしてキャンプにブッシュクラフトを取り入れて楽しむ方、災害対策の一環として取り入れている方が増えています。 今回のプログラムではブッシュクラフトの基本を体験的に学び、日常生活や次のキャンプで即役に立つ知識や技術をお伝えします。ゆったり、たっぷりと自然を感じる2日間を過ごしましょう。


こころと体のお手当三昧*草遊びリトリート@富士山靜養園Vol.10

自然湧水が流れる、富士山麗の森で、 木々やあしもとに生える草、清らかな水に触れながら、こころと体を緩めませんか? 体を緩めると、五感が冴えます。 感性も感情も瑞々しく動いて、潜在意識(本心)と繋がれます。 体を緩めると、自分(他人)も許せるようになるので、 幸せな気持ちも膨らむでしょう。 「自然欠乏症候群」を提唱される、山本竜隆先生の富士山静養園で 10回目の開催を迎える、草遊びリトリート。 今回のテーマは、こころと体に〝ありがとう〟を伝える、お手当三昧のひとときです。 体に不調があるとき、どうしたらいいか迷うとき… それは、自分の本当の声が、聞こえなくなっているときです。 「どうしたい?」が、わからないと、やみくもに頑張ったり、 無意識にガマンを続けて、体が硬くなっていることがあります 不調は、「気づいてよ」という体からのメッセージ。 これからの未来をより自分らしく、イキイキと過ごせるように、 ありのままの声に、耳を澄ます時間を過ごしましょう。 身近に生きる雑草と呼ばれている草を摘み、 彼らの名前や効能を学びながら、 自分で自分の体をお手当する〝コツ〟を学ぶ、二泊三日間。 自然の声や、潜在意識に触れるような、ミニワークを体験しながら、 こころの奥深くを満たすひとときをお楽しみください。                     案内人 かわしまようこ ✴︎静養園の2万坪の森を貸し切りますので、 安心して、深呼吸できます。


冬を愉しむ、雪を愉しむ【日月倶楽部】

冬の朝霧高原は「寒い」「雪」のイメージが強くあるようですが、日月倶楽部の辺りは実はほとんど雪は降りません。そんな中、今冬初めての雪でしたので珍しい景色を撮影しました。


おすすめの動画&記事



トーカイコミュニケーションズ_1_inf


トーカイコミュニケーションズ_2_inf


トーカイコミュニケーションズ_3_inf


トーカイコミュニケーションズ_4_inf







アクセスランキング


>>総合人気ランキング