リハビリ

リハビリに関する記事


〈これができないのに復帰するのは危険〉捻挫後に復帰する前のチェック項目【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に、痛みが消えてある程度動けるようになってきたらすぐに練習に戻りたくなりますが、実際に練習に復帰すると チームメートに「なんか走り方がおかしいよ」と言われたり 動いていても自分で違和感を感じたり、 踏ん張りきれないなど、100%の状態に戻りきていないことがほとんどです。 復帰する前には今回動画で紹介するような動作を確認してみましょう。 これができていなければ実際のスポーツ動作でのパフォーマンスも上がらないですし、捻挫を繰り返したり、ひどい場合には膝の靭帯を切ってしまうなんてことも・・・ 必ず復帰前に動作を確認してできていなければ、以前紹介したような股関節のトレーニングやスクワットなどのトレーニングをしっかり行いましょう。


〈捻挫後リハビリ〉捻挫後に使えなくなる筋肉とは?【ACTIVATE GYM】

捻挫後に「痛みはよくなったけれどいまいち動きづらい」 ということはよくあると思います。 足首をかばうことで、ある重要な部分の機能が落ちてしまいます。 この動画では捻挫後によくあるこの後遺症について対策を解説しています。


〈土踏まずを作る〉捻挫後の機能改善タオルギャザー【ACTIVATE GYM】

捻挫後には足の指の動きと足首の動きが上手く強調して動かすことができなくなってしまいます。 タオルギャザーは足の裏の筋肉や足の指を握る筋肉を強化することで足の縦アーチを作ることができます。 握る力を強くするだけでなく、足の位置を変えながら可動域を意識しながらできるとより効果が上がります。


〈捻挫後にこんな歩き方になっていませんか?〉片脚立位のトレーニングと捻挫の後遺症【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に歩き方が「ぎこちない」と感じることはよくあると思います。今回はその「後遺症」と改善方法を解説します。


〈足首の柔軟性改善にも繋がる〉前脛骨筋を使った足関節背屈トレーニング 捻挫後のトレーニング【ACTIVATE GYM】

捻挫後のリハビリでもほぼ100%指導される「足関節背屈運動」ですが、意外と間違ったやり方でやっている人を見かけます。 背屈運動は前脛骨筋を使うことが大事ですが、足趾の伸筋を使って行ってしまうと可動域を出すことができません。 捻挫後にはこの「足趾伸筋」を使った動きばかりになってしまい足首が不安定な状態が続いてしまいます。 また足首が硬くて悩んでいる人は、この前脛骨筋が使えないことが多いです。 ストレッチと合わせてこのトレーニングを行うと可動域改善にも役立ちます。


歩きたい!への第一歩。脳性麻痺でも可能性をあきらめないトレーニング【メディカルフィットネスクラブLEN】

障がいをもった子供への理解を深めるため、子供の主治医を訪ね、それぞれの障がいの特徴を一つ一つ学びながら「可能性をあきらめない」を信念に手探りで指導方法を確立してきました。立つことのできなかった生徒が、立てるようになり、歩けるようになっていく実例をいくつも実証し、近年では、水中での活動がリハビリに適していること、さらには効果が実証されていることが注目され、大学の教授、理学療法士、医師なども見学や体験に訪れメディカルスポーツとしても注目を浴びています。


車椅子だってあきらめないで!車椅子のままトレーニングできます!【メディカルフィットネスクラブLEN】

TECHNOGYM®OMNIA™ オムニア車椅子のまま、身体を鍛えたり、ストレッチをしたり、リハビリをしたりする方法があります。


ダイエットだけじゃない!水中トレーニングの最先端【メディカルフィットネスクラブLEN】

水の4大特性、「水圧」「浮力」「抵抗」「水温」を利用したトレーニングの紹介。今回は「浮力」に注目。水中では、肩まで水に浸かると、体重の9割が軽減されます。そのため、身体が軽くなり、腰や膝など、関節にかかる負荷を減らすことができるのです。腰や膝に痛みがある方も安心してトレーニングできます。骨や筋肉が弱っている方のリハビリにも効果的。


おすすめの動画&記事












アクセスランキング


>>総合人気ランキング