パーソナルジム

パーソナルジムに関する記事



〈これができないのに復帰するのは危険〉捻挫後に復帰する前のチェック項目【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に、痛みが消えてある程度動けるようになってきたらすぐに練習に戻りたくなりますが、実際に練習に復帰すると チームメートに「なんか走り方がおかしいよ」と言われたり 動いていても自分で違和感を感じたり、 踏ん張りきれないなど、100%の状態に戻りきていないことがほとんどです。 復帰する前には今回動画で紹介するような動作を確認してみましょう。 これができていなければ実際のスポーツ動作でのパフォーマンスも上がらないですし、捻挫を繰り返したり、ひどい場合には膝の靭帯を切ってしまうなんてことも・・・ 必ず復帰前に動作を確認してできていなければ、以前紹介したような股関節のトレーニングやスクワットなどのトレーニングをしっかり行いましょう。


〈捻挫後リハビリ〉捻挫後に使えなくなる筋肉とは?【ACTIVATE GYM】

捻挫後に「痛みはよくなったけれどいまいち動きづらい」 ということはよくあると思います。 足首をかばうことで、ある重要な部分の機能が落ちてしまいます。 この動画では捻挫後によくあるこの後遺症について対策を解説しています。


〈土踏まずを作る〉捻挫後の機能改善タオルギャザー【ACTIVATE GYM】

捻挫後には足の指の動きと足首の動きが上手く強調して動かすことができなくなってしまいます。 タオルギャザーは足の裏の筋肉や足の指を握る筋肉を強化することで足の縦アーチを作ることができます。 握る力を強くするだけでなく、足の位置を変えながら可動域を意識しながらできるとより効果が上がります。


〈捻挫後にこんな歩き方になっていませんか?〉片脚立位のトレーニングと捻挫の後遺症【ACTIVATE GYM】

捻挫をした後に歩き方が「ぎこちない」と感じることはよくあると思います。今回はその「後遺症」と改善方法を解説します。


〈足首の柔軟性改善にも繋がる〉前脛骨筋を使った足関節背屈トレーニング 捻挫後のトレーニング【ACTIVATE GYM】

捻挫後のリハビリでもほぼ100%指導される「足関節背屈運動」ですが、意外と間違ったやり方でやっている人を見かけます。 背屈運動は前脛骨筋を使うことが大事ですが、足趾の伸筋を使って行ってしまうと可動域を出すことができません。 捻挫後にはこの「足趾伸筋」を使った動きばかりになってしまい足首が不安定な状態が続いてしまいます。 また足首が硬くて悩んでいる人は、この前脛骨筋が使えないことが多いです。 ストレッチと合わせてこのトレーニングを行うと可動域改善にも役立ちます。


〈捻挫後のパフォーマンスを回復する〉カーフレイズ【ACTIVATE GYM】

今回紹介するカーフレイズトレーニングは捻挫後の後遺症が出やすく「ジャンプで高く飛べない」 「スピードが落ちた」 など復帰後にパフォーマンスが上がらない人は、この動きを確認する必要があります。


〈足首の捻挫をしたら何をするべきか?〉ねんざの足首のゴムチューブトレーニング【ACTIVATE GYM】

捻挫経験のある選手は、ほぼ全員が自覚していない「機能的な後遺症」が残っています。 後遺症があると地面を蹴れず、スピードも出ずストップ動作もうまくいかないためパフォーマンスは低下し、怪我のリスクが上がります。 そのため正しい処置やリハビリをする必要があります。 改善方法は全身に対してやるべきことがありますが、まずは足首をしっかりと上下に動かさなければならないため、今回は足首のチューブトレーニングを紹介していきます。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈痛みの少ない立ち上がり方〉【ACTIVATE GYM】

立ち上がりや座って行く際に、股関節の痛みを感じる人も多く見られます。どのように立ち座りを座ると股関節に負担が少ないかを解説します。 この立ち座りを発展させていくとスクワットのような筋トレにもつながります。 日常の中で意識することで生活がトレーニングになって、股関節の痛みの改善にも効果的なので頑張りましょう。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング 〈股関節外転筋トレーニング〉【ACTIVATE GYM】

股関節の痛みがある人は、ほぼ全員筋力が弱くなっていると言ってもいい股関節外転筋の「中殿筋」この中殿筋が使いづらくなると骨盤が安定せず、片脚での動作が不安定になります。 またこの働きを補うために大腿筋膜張筋などが過剰に働き股関節の痛みにつながりやすくなります。 このトレーニングは病院等でもよく指導されることがありますが、意外と難しく、正確にできていないことが少なくありません。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈股関節外旋筋トレーニング横向き〉【ACTIVATE GYM】

股関節外旋トレーニングの応用編は横向きに寝て行います。横向きに寝ることで外旋運動(脚を開く動き)をする際に、足の重みが抵抗になるため仰向けに寝て外旋運動をする際より外旋筋に負荷がかかってきます。 よく、この状態でゴムチューブを巻いて動かすトレーニングも見かけますが、まずは自分の足の重みでも仰向けと同じような範囲を動かせるようにしましょう。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈股関節外旋筋トレーニング仰向け〉【ACTIVATE GYM】

股関節を外側に開く「外旋」運動は股関節内側のつまり感や痛みと大きく関係します。また外旋筋は股関節の「インナーマッスル」でもあり関節を適切な位置で動かすために重要な役割を果たします。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈大臀筋トレーニング〉【ACTIVATE GYM】

股関節の前面に痛みが出るような人は、大臀筋が使えずに骨盤が前傾(前に倒れた状態)し、常に股関節が曲がった状態になってしまい痛みが出ていることもよくあります。 骨盤を起こして、股関節を伸ばすためにも大臀筋の働きは重要です。


理学療法士が教える「股関節の痛み」改善トレーニング〈テニスボールでマッサージ〉【ACTIVATE GYM】

大臀筋や中臀筋、外旋筋など硬くなってしまうことで股関節の痛みを引き起こしやすいお尻の筋肉をテニスボールを使って簡単に緩める方法です。


おすすめの動画&記事



トーカイコミュニケーションズ_1_inf


トーカイコミュニケーションズ_2_inf


トーカイコミュニケーションズ_3_inf


トーカイコミュニケーションズ_4_inf







アクセスランキング


>>総合人気ランキング