女性の健康Q&A

顔のむくみを解消するためには?むくみの予防法やおすすめのマッサージ方法を紹介

この記事では、顔のむくみをすぐに解消する方法や、少しずつ改善してくれる成分、マッサージ方法などについて紹介していきます。むくみの原因を理解して取り除くことによって、起こってしまったむくみを効果的に改善するようにしましょう。

質問

初めまして。現在35歳でOLをしております。


最近、顔のむくみが気になるようになってきました。特に生理中や仕事が多忙な時にむくみやすいと感じます。歳のせいなのでしょうか?


むくみは、水分と関係があると聞いたことがあるので、寝る前の水分はなるべく控えるようにしておりますが、それだけじゃ効果は感じられず…。それ以外に何かとれる対策がないかと思いまして、質問させていただきました。


普段は、仕事がある日は付き合いで外食や飲み会が多い生活をしております。忙しく、なかなか自炊も出来ずにいます。


休日は家でのんびりすることが多いです。なるべく体を休め、自炊をして体に良い食品を取り入れるようにしています。


希望としては、多忙な毎日を過ごしておりますので、あまり時間をかけずに出来ることや、日常生活で気軽に取り入れることが出来るものを教えていただけると嬉しいです。回答よろしくお願いいたします。

回答

むくみとは細胞周囲の間質液が過剰に増え、水分を滞留した状態です。
顔のむくみには、ホルモンバランスの乱れや自律神経のバランスの崩れなどいろいろな原因が考えられますが、具体的には下記の5つが考えられます。


・お酒を飲む→血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡張し、水分の処理が追いつかずむくむ

・生理前・生理中→女性ホルモンであるプロゲステロン分泌が増えることにより水分を体内に保ちやすくなる

・産後→体内の水分バランスやホルモンバランスの変化が起こりやすくなっていることに加え、運動不足・睡眠不足・疲労や長時間の授乳による座位も原因となる

・運動不足や栄養不良(タンパク質不足)→運動不足によってふくらはぎの筋肉が衰えると、ポンプ機能が低下し、足の血液を心臓へ送り戻す効率が悪くなる、また栄養不良で血管内のアルブミン(タンパク質)が少なくなると、血管外に水分が逃げてしまうことでむくむ

・塩分の高い食事→体内の塩分濃度を調整するために、身体が水分を蓄えようとする


これらの原因を可能な限り避けることでむくみを予防することができますが、生理や出産など避けられないものもあります。


ここからは、そういうときに試していただきたい解消法をいくつか紹介いたします。


<マッサージ>
マッサージは最も手軽な解消方法です。女性なら、朝晩のスキンケアのタイミングで行うことで変化を感じることができるでしょう。生活に取り入れやすく、今日からすぐに始められるところもおすすめです。


<目の周りのマッサージのやり方>
①目頭のくぼみを押す
②黒目の下のくぼみを押す
③目の周りを指の腹で押しながら一周する


これを数回行うと、目の周りがスッキリしてむくみの解消に繋がります。ただし、目の周りの皮膚はとても薄いので、優しく行うようにしてください。朝は、眠気が取れる上に、目も開けやすくなり表情が豊かになるため、一石二鳥です。


<フェイスラインのマッサージのやり方>
①人差し指・中指・薬指の3本を使い、鼻の横から耳まで優しく押さえながら滑らせる
②繰り返しながら指をずらしていきフェイスラインまで行き着いたら、最後は耳の後ろから鎖骨まで下に滑らせる


こちらは顔にマッサージクリームや化粧水などの保湿剤を塗った後に行った方が良いでしょう。リンパの流れを促すことにより、顔のむくみの解消に繋がります。また、マッサージ以外にも体の中からむくみを改善する方法もあります。


食事やサプリメントで意識して摂取した方が良い成分は、下記の5つです。


・カリウム
・クエン酸
・ビタミンB6
・ビタミンE
・サポニン


薬や漢方薬でむくみを取る方法もありますが、慢性的なむくみが続く場合には病気の可能性もありますので、できるだけ早めに病院を受診しましょう。


短時間でむくみを取る方法には、温めることと冷やすことを交互に行うという方法もあります。冷たい水で顔を洗ったあとホットタオルで温めることによって、血管が縮んだり広がったりするので血行が促進されます。


みなさんの身体に合ったむくみ対策をぜひ見つけてみてください。

【監修】

内科医
日本内科学会認定内科医
抗加齢医学会専門医

ちくさ病院 在宅医師のご紹介【近藤先生】 │ ちくさ病院からの最新情報「ちくさニュース」